アレグザンダー・ダフ (初代ファイフ公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初代ファイフ公アレグザンダー・ダフと妻のルイーズ王女

初代ファイフ公爵アレグザンダー・ヴィリアム・ジョージ・ダフ: Alexander William George Duff, 1st Duke of Fife1849年11月10日1912年1月12日)は、イギリスの貴族。イギリス王エドワード7世アレクサンドラ王妃の第1王女(プリンセス・ロイヤルルイーズの夫。

アレグザンダー・ダフは、1849年11月10日、第5代ファイフ伯爵英語版ジェイムズ・ダフの子として誕生した。母のアグネス・ヘイは、第18代エロル伯爵英語版ウィリアム・ヘイウィリアム4世の庶子であるエリザベス・フィッツクラレンスの間に生まれた次女。

1879年に父の死によりアイルランド貴族の第6代ファイフ伯爵(Earl Fife)となる。ヴィクトリア女王によって1885年に連合王国貴族ファイフ伯爵Earl of Fife)に[1]、1889年にファイフ公爵に陞爵した[2]。これらの爵位は男子のみが相続できたが、アレグザンダーとルイーズの間には夭逝した長男アラステア以後男子が生まれなかった。そこで1900年に女王は「初代公の女子、およびその直系男子」にも相続を認めるというspecial remainder付きで改めてアレグザンダーをファイフ公爵に叙した[3]

1911年12月、エジプトへの航海中にアレグザンダー一家が乗船していた船がモロッコ沖で難破した。彼は胸膜炎にかかって1912年1月12日にアスワンで死去し、アバディーンシャーブレイマー英語版近くにあるMar Lodgeの礼拝堂に葬られた。ファイフ伯爵や1889年創設のファイフ公爵は断絶し、1900年創設のファイフ公爵は長女のアレグザンドラ王女が相続した。

出典[編集]

  1. ^ The London Gazette: no. 25490. p. 3239. 1885年7月14日
  2. ^ The London Gazette: no. 25958. p. 4077. 1889年7月27日
  3. ^ The London Gazette: no. 27186. p. 2605. 1900年4月24日
先代:
ジェイムズ・ダフ
ファイフ伯爵
第6代:1879年 – 1912年
次代:
断絶
先代:
ジェイムズ・ダフ
スキニー男爵
第2代:1879年 – 1912年
次代:
断絶
先代:
創設
ファイフ伯爵
初代:1885年 - 1912年
次代:
断絶
先代:
創設
ファイフ公爵
初代:1889年 – 1912年
次代:
断絶
先代:
創設
ファイフ公爵
初代:1900年 – 1912年
次代:
アレクサンドラ王女