エリオット・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリオット・ペリー
Elliot Perry
ポジション ポイントガード
背番号 34, 21, 2, 5, 1
身長 183cm  (6 ft 0 in)
体重 68kg (150 lb)
基本情報
ラテン文字 Elliot Perry
誕生日 1969年3月28日(46歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州メンフィス
出身 メンフィス大学
ドラフト 1991年2巡37位
選手経歴
1991
1991-1992
1992
1992-1993
1993-1994
1994-1996
1996-1999
1999-2000
2000
2000-2001
2002
ロサンゼルス・クリッパーズ
シャーロット・ホーネッツ
ラクロス・キャットバーズCBA
ロチェスター・レニゲイド(CBA)
グランドラピッズ・フープス(CBA)
フェニックス・サンズ
ミルウォーキー・バックス
ニュージャージー・ネッツ
オーランド・マジック
フェニックス・サンズ
メンフィス・グリズリーズ

エリオット・ペリー(Elliot Lamonte Perry 、1969年3月28日 - )アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。ポジションはポイントガードテネシー州メンフィス出身。身長183センチ。

経歴[編集]

メンフィス州立大学(現在のメンフィス大学)から1991年のNBAドラフト2順目38位でロサンゼルス・クリッパーズから指名された。10試合出場した後、ウェーバーにかけられ、新興チームであったシャーロット・ホーネッツに移籍した。その後CBAでプレイした。1993年にフェニックス・サンズに加入、翌1994-1995シーズンには、ケビン・ジョンソンが怪我で欠場した代わりにポイントガードのレギュラーとなり、MIPの候補にもなった。ペリーの活躍をチャールズ・バークレーも評価していた。その後、ミルウォーキー・バックスニュージャージー・ネッツオーランド・マジックフェニックス・サンズを渡り歩き、ホームタウンであるメンフィス・グリズリーズで2001-2002シーズンわずか2試合だけ出場で引退した。

彼はソックス(socks)とあだ名された。それはNBAでプレイを続ける間、ハイソックスでプレイしていたためである[1]

コート外[編集]

ペリーは高校と大学でアンファニー・ハーダウェイの先輩にあたる。二人の仲は良かった。

2000年1月には、メンフィス出身のNBA選手、トッド・デイアンファニー・ハーダウェイロレンゼン・ライトと共に、1ヶ月間母親の遺体と生活していたメンフィスの子どもに経済的援助を行った[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Matt Petersen (2009年9月12日). “Elliot Perry: The Last Good Backup Point Guard of the Phoenix Suns”. bleacherreport.com. 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ NBA Players Donate $10,000 To Memphis Boy Who Lived With Mother's Corpse”. findarticles.com (2000年1月24日). 2012年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]