エメリック・プレスバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エメリック・プレスバーガー
Emeric Pressburger
本名 Imre József Pressburger
生年月日 (1902-12-05) 1902年12月5日
没年月日 (1988-02-05) 1988年2月5日(85歳没)
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ミシュコルツ
死没地 イングランドの旗 イングランド サフォーク州サックステッド英語版
職業 脚本家、映画監督、プロデューサー
著名な家族 アンドリュー・マクドナルド(孫)
ケヴィン・マクドナルド (映画監督)(孫)
主な作品
うずまき』(1945年)
『天国への階段』(1946年)
黒水仙』(1947年)
赤い靴』(1948年)
 
受賞
アカデミー賞
原案賞
1942年潜水艦轟沈す
カンヌ国際映画祭
フランス映画技術高等委員会賞
1951年ホフマン物語
英国アカデミー賞
フェローシップ賞
1980年
その他の賞
テンプレートを表示

エメリック・プレスバーガーEmeric Pressburger, 1902年12月5日 - 1988年2月5日)は、ハンガリー生まれでイギリスで活動した脚本家映画製作者で、マイケル・パウエルとのコンビ「パウエル=プレスバーガー」による共同製作・監督・脚本で知られる。

来歴・人物[編集]

オーストリア・ハンガリーのミシュコルツで生まれたプレスバーガーは本名を Pressburger Imre József という。プラハシュトゥットガルトの大学で法律を学んだのちジャーナリストとなる。1920年代末にベルリンウーファ社でシナリオを書くようになるが、ナチスの台頭にともないユダヤ人であったプレスバーガーはパリに移る。そこでイギリス映画のための仕事をするようになった彼は、ハンガリー出身のアレクサンダー・コルダのすすめもありロンドンに渡る。

コルダのロンドン・フィルムズに脚本家として雇われたプレスバーガーだが、初めは英語も話せなかった。独学で英語を身につけやがて一本立ちの脚本家となったプレスバーガーはマイケル・パウエルと知り合い意気投合する。二人で映画製作会社アーチャーズ Archers を設立し1942年から1956年まで、15本の映画を共同で製作(監督・脚本も)した。

パウエルとのコンビを解消した後は単独で脚本や小説を書いた。彼の小説『日曜日には鼠を殺せKilling a Mouse on Sundayフレッド・ジンネマンによって映画化されている。

主な作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]