赤い靴 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
赤い靴
The Red Shoes
監督 マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
脚本 マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
製作 マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
出演者 モイラ・シアラー
アントン・ウォルブルック
音楽 ブライアン・イースデイル
撮影 ジャック・カーディフ
編集 レジナルド・ミルズ
配給 イギリスの旗 ジェネラル・フィルム・ディストリビューターズ
アメリカ合衆国の旗 イーグル=ライオン
日本の旗 BCFC=ニッポンシネマコーポレーション
公開 イギリスの旗 1948年9月6日
日本の旗 1950年3月14日
上映時間 133分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
フランス語
ロシア語
製作費 551,927ポンド
興行収入 5,000,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

赤い靴』(あかいくつ、The Red Shoes)は、1948年イギリスバレエ映画。監督はマイケル・パウエルエメリック・プレスバーガー。 原作はハンス・クリスチャン・アンデルセン同名童話である。

同作へのリスペクトを公言していた、映画監督のマーティン・スコセッシがオリジナル・ネガ修復作業に着手し、2年の歳月をかけて完成された<デジタルリマスター・エディション>が、2009年カンヌ国際映画祭で世界初公開された。

ストーリー[編集]

アンデルセン童話『赤い靴』を原作としたバレエの主演に抜擢され、一躍スターとなった若きバレリーナが、恋愛とバレエとの間で苦悩した末に悲劇的な最期を迎えるまでを描く。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

バレエ団を率いるレルモントフは、バレエ・リュスの創設者で芸術プロデューサーのセルゲイ・ディアギレフをモデルにしていると言われている[1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]