エミール・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エミール・コール
Emile Cohl
Emile Cohl
青年時代の頃
本名 エミール・キュールテ(Emile Courtet)
生年月日 1857年1月4日
没年月日 1938年1月20日(満81歳没)
出生地 フランスの旗 パリ
死没地 フランスの旗 ヴィルジュイフ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 カートゥーン作家
デッサン芸術家
主な作品
ファンタスマゴリ

エミール・コール(Emile Cohl, 1857年1月4日 - 1938年1月20日)はパリ出身のデッサン芸術家カートゥーン・アニメの創案者と見なされる。風刺画家アンドレ・ジール英語版の弟子。

ファンタスマゴリー[編集]

ファンタスマゴリー (1908)

1908年、リュミエール兄弟の技術に基づく最初のカートゥーンを制作した。『ファンタスマゴリ英語版』は映画が復興したばかりのフランスにおいて大成功を収め、世界中で映写されてきた。この作品は、実写部分を含まないアニメーション映画としては世界初であるとみなされている。

ニッパールの変形[編集]

原題はLes Exploits de Feu Follet。エミール・コールが手掛け、1911年末にフランスで公開されたのち、1912年(明治45年)4月に東京市の映画館で公開された短編アニメ映画。フランスでは既にDVD化されている。「ニッパールの変形」と題された作品の内容については伝わっていなかったが、2013年1月にドイツのバイエルン州立図書館に勤務するフレデリック・S・リッテン研究員が、1912年のイギリスの映画雑誌の記載内容をもとに、1911年公開の「Les Exploits de Feu Follet」と同一であることを突き止めた。人物が亀や月と戦った揚げ句にサメにのみ込まれる3分半のモノクロ無声映像で、手描きと切り絵を組み合わせてコマ撮りした。当時、日本人が初めて観た作品で、日本アニメ史の出発点ともいわれる。

外部リンク[編集]