エディ・ショア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・ショア
生誕 1902年11月25日
カナダ フォート・クアペル
死没 1985年3月16日(82歳)
アメリカ・スプリングフィールド
身長
体重
5 ft 11 in (1.80 m)
194 lb (88 kg; 13 st 12 lb)
ポジション デフェンス
シュート 右利き
所属クラブ レジーナ・キャピタルズ
エドモントン・エスキモーズ
ボストン・ブルーインズ
ニューヨーク・アメリカンズ
現役期間 1926年 – 1940年
1947年殿堂入り

エディ・ショアEddie Shore1902年11月25日 - 1985年3月16日)はカナダサスカチュワン州 Fort Qu'Appelle 生まれのプロ・アイスホッケー選手である。NHLではほとんどをボストン・ブルーインズのディフェンスとして過ごした。多くの者から、史上最もタフなアイスホッケー選手と評されることもある。愛称は、エドモントン・エクスプレス("The Edmonton Express" )、オールド・ブラッド・アンド・ガッツ("Old Blood and Guts")やミスター・ホッケー("Mr. Hockey"、ただし、この愛称はショアよりも後に登場するゴーディ・ハウに冠せられたものの方がより一般的である。)

来歴[編集]

ショアは1924年WHL (Western Hockey League) のレジーナ・キャピタルズ (Regina Capitals) に所属し、アイスホッケー選手生活をスタートした。ショアは元々はフォワードであったが、その後エドモントン・エスキモーズ (Edmonton Eskimos ) 在籍中にディフェンスへとポジションを変えた。

1927年にWHLが閉鎖されるのに先立ち、ショアは1926年8月20日に金銭トレードでNHLのボストン・ブルーインズに移籍した。

NHLにおけるルーキーイヤーでは、12ゴール、8アシスト、合計20ポイントを上げたが、当時のプロリーグではディフェンスの選手が得点に絡む機会は比較的少なかったといわれ、ショアの得点力の高さを証明している。

ラフでタフ[編集]

しかし、ショアを特に有名選手としているのはその得点力よりも、ラフかつタフなディフェンスである。先ず、2年目のシーズンではペナルティ・ミニッツ(反則によりペナルティ・ボックスに入れられた時間)合計165分という当時の NHL 記録を残している。ショアは他の選手をスケートで轢くこともしばしばであったほか、トレードマークであるクラウチングスタイルのスケーティングスタイルにより重心を低く安定させていたために、Billy Coutu らのライバル選手がボディチェックを行っても容易に打ち負かすことができなかったと伝えられている。

1925-1926シーズンには Sprague Cleghorn が、翌1926-1927シーズンには Billy Coutu が、それぞれモントリオール・カナディアンズからボストン・ブルーインズにディフェンスとしてトレードで移籍してきたが、誇り高いショアは自らがリード・ディフェンスであることを誇示するために、胸をはって彼らの前を行ったり来たり歩いたとも伝えられる。

このような伏線もあって、1926年に先輩としてのプライドを傷つけられた Billy Coutu がショアに襲いかかる事件が起こり、ショアは左耳たぶが裂けるという重傷を負った。ブルーインズのチームドクターは耳たぶを切断することを勧めたが、ショアは針で縫ってくれる医者を捜し当てた。そして、麻酔を拒み、医者が針で縫うところを鏡で見ていたとされる。この事件では、ショアは当初 Coutu が耳を落とすためにホッケースティックを使用したと主張し、Coutu には50ドルの罰金が科せられた。ところが、後にショアは主張を撤回したため、Coutu に対する罰金も取り消されたといわれる。

また、1933年12月12日にはトロント・メープルリーフスエース・ベイリーに対するラフプレー(背後からフルスピードでボディチェックを行ったとされる。)を咎められ、翌1934年1月に16試合の出場停止処分を受けている。エース・ベイリーはこのときの怪我により、現役引退を余儀なくされた。そして一時は裁判沙汰にまでなるのであるが、NHL の努力もあって後にショアは彼と和解している。なお、この試合では、ショア自身もメープルリーフスのレッド・ホーナーから報復として打撃を受け、頭に傷を負った(これ以降、ショアはヘルメットを着用するようになる。)。

さらに1937年1月28日にはニューヨーク・レンジャース戦で背中を痛め、シーズン残り試合の欠場を余儀なくされた。

エディ・ショアのホッケー人生において、全身に80箇所以上の裂傷を負い、978針の縫い跡が残ったとされる。また、鼻骨骨折14回、顎の骨折5回、すべての歯を欠損、背骨、尾骨、首の骨などにはヒビ、視力は眼球の傷により低下していたとされ、まさに満身創痍といった状態で選手を長く続けた。

ショアはオールスター戦に8度出場したほか、ディフェンス選手としてはNHL最多(2005年現在)となる4度のハート記念賞(NHLのシーズン最優秀選手賞)を受賞している。また、ブルーインズ在籍中の2度(1929年、1939年)のスタンレー・カップ優勝を経験している。

引退後[編集]

1940年1月25日ニューヨーク・アメリカンズにトレードされ10試合に出場したのを最後に NHL から引退した。1947年ホッケーの殿堂入りを果した。

ショアはNHL引退後もAHLスプリングフィールド・インディアンズを買収し、初期には選手として出場したほか、35年間その運営に携わった。これらの功績を表し、AHLの年間最優秀ディフェンス選手にはショアの名を冠したトロフィーが贈られている。

ショアは数々の名声とともに、トレーニングにバレエを取り入れるなどややエキセントリックな面もあったといわれる。1985年のその死は新聞の一面を飾り、様々な弔辞が寄せられたとされる。

受賞歴等[編集]

  • NHLオールスター第1チーム選抜(1931年、1932年、1933年、1935年、1936年、1938年、1939年)
  • NHLオールスター第2チーム選抜(1934年)
  • ハート記念賞(1933年、1935年、1936年、1938年)
  • レスター・パトリック賞(1970年)

生涯成績[編集]

    レギュラーシーズン   プレイオフ
シーズン チーム リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
1926-1927 ボストン・ブルーインズ NHL 40 12 6 18 130 8 1 1 2 40
1927-1928 ボストン・ブルーインズ NHL 43 11 6 17 165 2 0 0 0 8
1928-1929 ボストン・ブルーインズ NHL 39 12 7 19 96 5 1 1 2 28
1929-1930 ボストン・ブルーインズ NHL 42 12 19 31 105 6 1 0 1 26
1930-1931 ボストン・ブルーインズ NHL 44 15 16 31 105 5 2 1 3 24
1931-1932 ボストン・ブルーインズ NHL 45 9 13 22 80 - - - - -
1932-1933 ボストン・ブルーインズ NHL 48 8 27 35 102 5 0 1 1 14
1933-1934 ボストン・ブルーインズ NHL 30 2 10 12 57 - - - - -
1934-1935 ボストン・ブルーインズ NHL 48 7 26 33 32 4 0 1 1 2
1935-1936 ボストン・ブルーインズ NHL 45 3 16 19 61 2 1 1 2 12
1936-1937 ボストン・ブルーインズ NHL 20 3 1 4 12 - - - - -
1937-1938 ボストン・ブルーインズ NHL 48 3 14 17 42 3 0 1 1 6
1938-1939 ボストン・ブルーインズ NHL 44 4 14 18 47 12 0 4 4 19
1939-1940 ボストン・ブルーインズ NHL 4 2 1 3 4 - - - - -
1939-1940 ニューヨーク・アメリカンズ NHL 10 2 3 5 9 3 0 2 2 2
NHL合計 550 105 179 284 1047 55 6 13 19 181

外部リンク[編集]