エディト・パイネマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エディト・パイネマンEdith Peinemann, 1937年3月3日 - )は、ドイツ生まれのヴァイオリニスト[1]

来歴[編集]

マインツ生まれ。マインツのオーケストラのコンサートマスターだった父親から音楽の手ほどきを受けたあと、ハインツ・シュタンスケマックス・ロスタルに師事。[2]

1953年ミュンヘン国際音楽コンクールで入賞し、さらに1956年にミュンヘンの放送局が主催した国際コンクールで優勝したことで、国際的な演奏活動を開始することとなった。1964年には、ニューヨークカーネギー・ホールジョージ・セルと共にベートーヴェンヴァイオリン協奏曲を演奏してアメリカ・デビューを飾った。1976年からフランクフルト音楽院のヴァイオリン科の教授となり、クリーヴランド音楽院インディアナ大学ルツェルン音楽院などでも教授活動を行った。

2005年からESTA(ヨーロッパ弦楽器教育者協会)の責任者を務めている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]