エッマ・アンドリエーヴシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エッマ・アンドリエーヴシカ

エッマ・アンドリエーヴシカウクライナ語Емма Андієвська1931年3月19日 - )はウクライナドネツィク市出身の詩人、作家、シュルレアリスムの画家である。1949年以後、ミュンヘン在住。ウクライナ国立作家連盟、ウクライナペン・クラブ、ミュンヘン自由アカデミとドイツ画家連盟の一員。

概要[編集]

ウクライナのドネツィクに生まれた。父は化学者で、母は作物学者だった。エッマは幼いころより病弱であったため、学校に通うことができなかった。子供の治療のために、エッマの家族はヴィーシュホロド1937年)、それからキエフ1939年)に移住した。1941年独ソ戦が勃発し、エッマの父はドイツ軍に登用されないように、キエフから撤退していくソ連軍に射殺された。キエフに残されたエッマとエッマの母は1943年ドイツに移住し、ドイツの町々を周って1949年についにミュンヘンにたどり着いた。

1957年にエッマはミュンヘンにあるウクライナ自由大学を卒業し、ニューヨークに移り住んだ。そこでエッマは、1959年にウクライナ出身の文学評論家、イヴァン・コシュルィーヴェツィと結婚し、1962年にエッマはアメリカの国籍を獲得した。1955年から1995年にかけてエッマはミュンヘンにおけるラジオ『自由』のウクライナ部のアナウンサー、シナリオ作者と部長を務めた。

現在はミュンヘンに在住している。

著作[編集]

小説[編集]

題名 ウクライナ語の題名
1971年 ヘロストラトスたち Герострати
1973年 善人についての諸説 Роман про добру людину
1982年 人の運命についての小説 Роман про людське призначення

短散文[編集]

題名 ウクライナ語の題名
1955年 Подорож
1962年 虎たち Тигри
1962年 ジャラピタ Джалапіта
2000年 童話 Казки
2000年 頭の問題 Проблема голови

詩集[編集]

題名 ウクライナ語の題名
1951年 Поезія
1958年 アイドルの誕生 Народження ідола
1961年 魚と大きさ Риба і розмір

外部リンク[編集]