エゾノウワミズザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エゾノウワミズザクラ
Vogelkers bloesem.jpg
エゾノウワミズザクラの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Prunus
亜属 : ウワミズザクラ亜属 Padus[1]
: エゾノウワミズザクラ P. padus
学名
Prunus padus L.
シノニム

Cerasus padus (L.) Delarbre
Prunus racemosa Lam.

サクラスガが大量発生したエゾノウワミズザクラ
エゾノウワミズザクラの花期

エゾノウワミズザクラ(蝦夷の上溝桜、Bird Cherry)は、バラ科落葉性低木。ヨーロッパ北部とアジア北部に自生するサクラの一種である。

特徴[編集]

樹高は15m[2]。雌雄同株[2]

ノルウェースウェーデンフィンランドロシア等の北極圏でも生育する。ウワミズザクラ亜属の基準種であり、総状花序雌雄同体で、ハチハエによって授粉される。

名称[編集]

和名は北海道のウワミズザクラの意味[2]。ウワミズザクラは古代にシカの骨を焼いてその溝を占いに利用したことに由来する[2]。十勝地方のアイヌ語ではキキンニといい病魔を追い払う樹木とされ、樹皮を煎じて飲用にしたり枝を粥に混ぜて利用された[2]

英名は、果実に収れん作用があり苦味があるため、ロシア等では食べられたが、西ヨーロッパではあまり食べられず、苦味を感じない鳥の餌にされたことに由来する。中世の時代は薬用にされ、樹皮ペストを避けるためにドアに飾られた。Hagberryという別名もあり、北アメリカではメーデーの飾りの木として販売される。

亜種[編集]

以下の2つの亜種がある。

  • European Bird Cherry Prunus padus var. padus. ヨーロッパ及び西アジア
  • Asian Bird Cherry Prunus padus var. commutata. 東アジア

出典[編集]

  1. ^ Rehder, A. 1940, reprinted 1977. Manual of cultivated trees and shrubs hardy in North America exclusive of the subtropical and warmer temperate regions. Macmillan publishing Co., Inc, New York.
  2. ^ a b c d e エゾノウワミズザクラ”. 国土交通省北海道開発局. 2020年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]