エステルゴム大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エステルゴム大聖堂

エステルゴム大聖堂(えすてるごむだいせいどう、:Esztergomi Bazilika)とは、ハンガリーエステルゴムにある大聖堂。

概要[編集]

初代の大聖堂[編集]

1000年頃、ハンガリー国王イシュトヴァーン1世により聖アダルベルトの教会として建設される。 その後12世紀に火災で焼失、修築されるもトルコ軍の襲撃により破壊されたという。

現在の大聖堂[編集]

1822年に建設を開始したが、1848年革命等で中断され、結局は1869年に完成した。

収蔵品等[編集]

参考文献[編集]

  • 地球の歩き方

関連項目[編集]

Central-Europe-map.png この「エステルゴム大聖堂」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ