エコ怪獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エコ怪獣
別名 エコカイジュウ
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
エレクトロ
テクノロック
テクノポップ
活動期間 2012年 -
公式サイト エコ怪獣
メンバー 怪獣アヤカ(ダンスボーカル
人形リリィ(ダンスボーカル)
人形エリィ(ダンスボーカル)
妖精ユナ (ダンスボーカル)
妖精ユメ (ダンスボーカル)

エコ怪獣(エコカイジュウ)は、日本のアーティスト。2012年4月1日に結成。エレクトロロック音楽を主軸に、芝居とダンスを加えたパフォーマンスが特徴。2016年1月発売シングルCD「サササササ / 大きな魚」オリコンデイリーランキング最高10位、タワーレコード全店1位を獲得。2017年4月1日より体制を変え「E=えいえんに C=かわいい O=おんなのこ」をコンセプトに5人組エレクトロポップユニットとして活動を開始。プロデュースは初代ボーカルのボス、楽曲はヴィーナス・シンコ。

メンバー[編集]

【エコ怪獣】2017年4月〜

人名 パート 誕生日
怪獣アヤカ ダンスボーカル 5/2
人形リリィ ダンスボーカル 8/7
人形エリィ ダンスボーカル 7/30
妖精ユナ ダンスボーカル 4/14
妖精ユメ ダンスボーカル 11/17

【初代エコ怪獣】〜2017年3月25日

人名 パート 誕生日
エコ怪獣ボス ボーカル 3/7
女神ヴィーナス・シンコ 演奏 9/2
人形エリィ ダンス 7/30
妖精ユナ ダンス 4/14
妖精ユメ ダンス 11/17

【二代目エコ怪獣】〜2017年3月25日

人名 パート 誕生日
人形リリィ ダンスボーカル 8/7
妖精ユナ ダンスボーカル 4/14
妖精ユメ ダンスボーカル 11/17

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル
1st 2012年11月17日 ぴんぽんしゅーず(自主制作CD)
2nd 2012年12月28日 ぱーてぃーないと(自主制作CD)
3rd 2013年3月17日 怪獣戦隊エコレンジャー(自主制作CD)
4th 2013年6月1日 ぱらだいす(自主制作CD)
5th 2013年9月2日 まじっくすとろべりー(自主制作CD)
6th 2013年9月2日 きゃりおん(自主制作CD)
7th 2013年12月24日 彗星らいだー(自主制作CD)
8th 2015年4月14日 怪獣ROCK'N'ROLL(自主制作CD)
9th 2015年10月16日 怪獣ハロウィン(自主制作CD)
10th 2015年12月15日 エコエコ怪獣クリスマス(自主制作CD)
11th 2016年1月26日 サササササ / 大きな魚(オリコンデイリーランキング10位(2016年1月25日付)タワーレコード全店1位
12th 2016年4月1日 さくら(ヴィレッジヴァンガード高円寺店コラボ初回特典付きCD)
13th 2016年10月25日 メロンマン / ドリームランド / 戦う白黒スウィーツ(オリコンデイリーランキング17位(2016年10月24日付)

アルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 2012年12月1日 怪獣ぷれみあむCD
2nd 2014年9月24日 びびびぴぴ(タワーレコード渋谷店9月29日付総合デイリーランキング5位)

配信限定[編集]

現在、世界130カ国357サイトから音楽配信着うた着うたフルRBTを配信中。

リリース日 タイトル
2012年11月17日 ぴんぽんしゅーず
2014年9月24日 びびびぴび全6曲

人物[編集]

怪獣アヤカ
怪獣の国から生き物の悲しみを食べるためにやってきた怪獣。
怪獣年齢1紀。カラー赤[1]
2017年4月1日正式加入
人形リリィ
人形の国出身
人形年齢4歳。カラー紫[1]
2016年8月加入
人形エリィ
人形の国出身
人形年齢4歳。ドーナツ、お芋が好物。
エリィはセーラームーンに憧れている。カラーは黄色[1]
エコ怪獣の振付のアシスタントを担当している。
ソロ(人形エリィ名義)としてもオリジナル曲リリース等、勢力的に活動している。
2017年2月よりFMうらやす番組『エリィのハイパーソニックレディオ』を開始。
2013年9月22日加入
妖精ユナ
妖精の国出身
妖精年齢2222歳。苺、マカロンが好物。
カラーは水色[1]
マイメロディが大好きで部屋はぬいぐるみであふれている。
チアダンサーチームに所属し世界一位となる。
Jリーグチームでも踊っていた経歴を持つ。
ソロ(妖精ユナ)としてもオリジナル曲リリース等、勢力的に活動している。
2014年9月14日加入
妖精ユメ
妖精の国出身
妖精年齢100000000歳。苺、チョコが好物。
カラーはピンク[1]
よさこいダンスを習っていた経歴を持つ。
ソロ(妖精ユメ)としてもオリジナル曲リリース等、勢力的に活動している。
2015年7月30日加入
吸血鬼マリリンピーチ
エコ怪獣軍団員としてソロで活動
2015年7月30日加入。
エコ怪獣ボス
エコ怪獣の総合プロデューサー。
(旧)初代エコ怪獣のボーカル、(現)E.C.O BEASTのボーカル。
(旧)初代エコ怪獣時、オリコンデイリーランキング最高10位。
曲がったことが大嫌いな起伏激しい性格、生物の悲しみを食べる特徴がある。
マイクはaudio-technica,shure製品を愛用。
「コケティッシュな歌声」とCDJournalで評価。また、「ロック」と田中昌之に評される。
父が画廊を営んでおり、幼少期より絵を見る目は長けていたと自負している。独特な絵のセンスは画廊にあった絵画の影響が出ているのではないかと語っている[2]
Twitterでは、1部ファンより画伯と呼ばれている。
以前はyahooブログ(現在ameba公式)にて自身のブログを運営しており、総合ランキング最高3位、3か月に渡りTOP10入りした。
エコ怪獣の前バンドでは、デスボイスと称されるシャウトも積極的にとりいれたスクリーモバンドのボーカルを担当しており、itunesではアメリカで毎月300ダウンロードあった[3]
P!nkFuneral for a Friendの大ファンである[3]
極度の高所恐怖症である[3]
犬猫好き[3]
ヴィーナス・シンコ
(旧)初代エコ怪獣のキーボード、(現)E.C.O BEASTのキーボード。
(旧)初代エコ怪獣時、オリコンデイリーランキング最高10位。
エコ怪獣の芝居の脚本、演出。すべての楽曲(作詞・作曲・編曲・マスタリング・リミックス)を制作している。
作曲家(パチンコメーカーニューギン、博水社ハイサワーラジオ番組音楽担当、FM局ジングル制作、アーティスト・アイドルへ楽曲提供等)[1]
幼少期より器楽クラブで金管楽器(コルネット・トランペット・ユーフォニウム・チューバ)を担当。県大会3位銅賞受賞[2]
坂本龍一らのツアーメンバーで知られるサックス奏者、沢村満に師事[2]
細野晴臣と対面したことをきっかけに本格的に音楽の道を志す[2]
そうる透のドラム通信講座を受講していたことがあった[3]
ピアノを独学で学びながらDTMに没頭。
小さい頃、初めて入ったお化け屋敷で迷子になったことがきっかけで、それからお化け屋敷には入れない[3]
使用DAW(ProToolsDigital Performer)
ライブでは、Novation製キーボードを主に使用。
自分のことを「女神」「ヴィーナス」と呼称することが多い。
好きな男性のタイプは中日ドラゴンズの浅尾拓也。

メディア[編集]

  • 日本テレビ「笑ってこらえて!」にて、エコ怪獣のお花見オフ会の様子が紹介される。2017年5月31日[4]
  • テレビ愛知「乃木坂工事中」にて、エコ怪獣のライブの様子が紹介される。2015年8月2日[5]
  • テレビ東京「センニュウ☆感」にて、エコ怪獣の練習の様子が紹介される。2015年5月17日[6]
  • テレビ局福島放送番組「福歌丸」にて紹介される。 2014年8月16日[7]
  • FMサルース「muse Amuse」ゲスト出演 2013年5月23日[8]
  • TBSラジオ「あなたへモーニングコール」エコ怪獣楽曲「ぴんぽんしゅーず」がオープニングテーマに採用される。2013年2月25日〜3月3日の1週間[9]
  • 大塚商会「AppleCLIP」にゲスト出演 2013年1月18日[10]
  • ホットペッパー・ホットペッパービューティーにライブの様子が掲載 2013年1月号
  • テレビ朝日「MUSICるTV」旬なアーティストとして紹介される。 2012年11月26日放送分[11]

その他[編集]

  • 2017年6月1日、エコ怪獣ボス、女神ヴィーナス・シンコの2人による音楽プロジェクトE.C.O BEASTを発表。
  • 2017年3月25日、西川口ハーツで初代エコ怪獣の活動を終了する。これにより、エコ怪獣ボス、女神ヴィーナス・シンコは表舞台から退くこととなる。4月から二代目エコ怪獣を中心とし新体制でエコ怪獣の名前で活動することを発表。
  • 2016年10月25日発売のシングル「メロンマン」が、1/24付オリコンデイリーランキング17位、タワーレコード総合デイリーランキング1位、タワーレコードインディーズ総合ウィークリーランキング1位を獲得した。
  • 2016年4月から、初代エコ怪獣、二代目エコ怪獣、マリリンピーチの3ユニットで活動。
  • 2016年1月26日発売のシングル「サササササ/大きな魚」が、1/25付オリコンデイリーランキング10位、タワーレコード総合デイリーランキング1位、タワーレコードインディーズ総合ウィークリーランキング1位を獲得した。
  • エコ怪獣の振付は主に少女☆タコサムが担当している。
  • パチンコメーカー「ニューギンアドバンス社」製品「エコポリシステム」のイメージソングを担当。提供楽曲「エコポリ」。社の電話保留音にも採用。
  • エコ怪獣ボス、ヴィーナス・シンコは、過去にコミュニティーラジオ局FMうらやす、FMやまとで、パーソナリティを務めていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]