エイミー・ガットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイミー・ガットマン(Amy Gutmann、1949年11月19日 - )は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、政治理論、政治哲学、民主主義論。

ニューヨーク市生まれ。ラドクリフ大学卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号、ハーバード大学で博士号取得。1976年から2004年までプリンストン大学で教鞭をとった後、2004年1月にペンシルベニア大学第8代学長に就任。夫のマイケル・ドイルは、コロンビア大学の国際政治学教授である。

著書[編集]

単著[編集]

  • Liberal Equality, (Cambridge University Press, 1980).
  • Democratic Education, (Princeton University Press, 1987, new ed., 1999).
神山正弘訳『民主教育論ー―民主主義社会における教育と政治』(同時代社, 2004年)
  • Identity in Democracy, (Princeton University Press, 2003).

共著[編集]

  • Color Conscious: the Political Morality of Race, with K. Anthony Appiah, (Princeton University Press, 1996).
  • Democracy and Disagreement, with Dennis Thompson, (Harvard University Press, 1996).
  • Why Deliberative Democracy?, with Dennis Thompson, (Princeton University Press, 2004).

編著[編集]

  • Democracy and the Welfare State, (Princeton University Press, 1988).
  • Multiculturalism and "the Politics of Recognition": An Essay, (Princeton University Press, 1992).
佐々木毅辻康夫向山恭一訳『マルチカルチュラリズム』(岩波書店, 1996年/岩波モダンクラシックス, 2007年)
  • Freedom of Association, (Princeton University Press, 1998).
  • Work and Welfare, (Princeton University Press, 1998).
  • The Lives of Animals, (Princeton University Press, 1999).
  • Goodness & Advice, (Princeton University Press, 2001).
  • Human Rights as Politics and Idolatry, (Princeton University Press, 2001).
添谷育志金田耕一訳『人権の政治学』(風行社, 2006年)

共編著[編集]

  • Ethics and Politics: Cases and Comments, co-edited with Dennis Thompson, (Nelson-Hall, 1984, 2nd ed., 1990, 3rd ed., 1997, 4th ed., 2006).

関連項目[編集]