エイブラハム・J・ツワルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エイブラハム・J・ツワルスキーあるいはエイブラハム・J・トワースキ(Rabbi Dr. Ab(v)raham J. Twerski, 1930年10月6日 - )はハシディズムのチェルノビル派(Chernobyl)のラビにして精神科医薬物乱用substance abuse)とその心理に関する専門家。

経歴[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキーに生まれる。1951年にラビの資格を取得。

ピッツバーグにゲートウェイ・リハビリテーション・センターを創設。

セルフヘルプself-help; 自立生活運動)やユダヤ教に関する本を書いている。特にチャールズ・M・シュルツとともにスヌーピー漫画を使った心理分析関係の本を書く。

著書[編集]

  • 『いいことから始めよう』 (1995年、新潮社
  • 『いいことは、いつくるかな』 (1996年、講談社
  • 『まにあうよ、いまからでも 生きることが楽になる⑫のステップ』 (1996年、講談社)
  • "LIFE'S TOO SHORT! Pull the Plug on Self-Defeating Behavior and Turn on the Power of Self-Esteem", 1995
    • 『23のマンガによる心理カウンセリング』 (1998年・2002年、講談社)
  • 『スヌーピーたちの性格心理分析』 (1998年、日本国内向書き下ろし、講談社)
  • 『いつだって、誰かがいてくれる スヌーピーたちは無理しないで生きている』 (1998年、講談社)
  • 『スヌーピーたちのいい人間関係学』 (2000年・2003年、講談社)

外部リンク[編集]