ウール・シャヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Uğur Şahin
ウール・シャヒン
Ugur Sahin v1.jpg
ウール・シャヒン(2019)
生誕 (1965-09-29) 1965年9月29日(56歳)
トルコの旗 トルコ イスケンデルン
国籍ドイツの旗 ドイツ[1]
出身校ケルン大学
職業医学者
活動期間1991年 - 現在
著名な実績
純資産減少 US$9.07 billion (2021年6月21日 (2021-06-21)現在)[2]
職務CEO BioNTech SE
任期2008年 - 現在
公式サイトProfile at BioNTech

ウール・シャヒン(ウグル・サヒン;Uğur Şahin [uˈuɾ ʃaː.hin] ; 1965年9月29日 - ;トルコイスケンデルン生まれ)は、ドイツの腫瘍学者、免疫学者、バイオンテック(BioNTech)のCEOであり、COVID-19に対する主要なワクチンの1つトジナメランを開発するのに貢献した [3]。彼の主な研究分野は癌研究と免疫学である [4]

トルコ出身のシャヒンの家族は、彼が4歳のときにドイツに移住した。彼はケルンで育ち、ケルン大学医学を学び、そこでがん免疫療法の博士論文を完成させた。彼は当初、学界に留まり、腫瘍血液学の医師として患者のケアを行い、ザールラント州チューリッヒ州の大学病院で研究を行い、最終的には2000年にヨハネス・グーテンベルク大学マインツで研究グループを設立した。彼は2006年に実験腫瘍学の教授になった。 2001年、マインツ大学での地位を維持しながら、起業家活動に従事し始め、2001年と2008年に、パートナーであり配偶者であるオズレム・テュレジと2つの製薬会社を共同設立した。2番目の企業であるバイオンテックは、2020年にファイザーと共同で、COVID-19パンデミックと戦うために使用される主要なワクチンの1つを開発した。企業価値が増加した結果、シャヒンとトュレジは、ドイツの最も裕福な人々トップ100のリストに載った、トルコにルーツを持つ最初のドイツ人になった [5]

経歴[編集]

ウール・シャヒンは、1965年9月29日、トルコのハタイ県イスケンデルンでトルコのアレヴィー派の家族のもとに生まれた [6]。彼はケルンフォード工場で働いていた父親と、母親と一緒に、4歳でドイツに移住した[7] [8]。彼はサッカーの他に、カトリック教会の図書館から借りた人気の科学書に興味を持っていた。当初、彼の小学校の教師は、基幹学校に通うことを勧めたが、彼がもし基幹学校に行っていたら大学進学は容易でなかったであろう。彼のドイツ人隣人の仲介で、彼は基幹学校ではなくギムナジウムに通った [9] [10] [11]。1984年、彼はケルン-ニール地区のErich-Kästner-Gymnasiumを卒業したが、トルコ人ガストアルバイターの両親を持つ子供が当校を卒業したのは、彼が最初であった。ギムナジウムで、彼は数学化学の上級コースを受講した [12]

シャヒンは、ホンブルクザールラント大学病院での勤務中に、彼の将来の妻であり、サールランド大学医学部で最終学年の研究を修了したオズレム・テュレジと出会った。2人は2002年に結婚し、一人の娘がいる [13] [14] [15]

彼と彼の妻は、ビオンテック株式保有の価値のために、ドイツで最も裕福な人々トップ100に入っている。 2021年5月の時点で、 Bloomberg Billionaires Indexは彼の純資産を83.5億米ドルと推定した。

シャヒンは1984年から1992年までケルン大学医学を学んだ[16] [17]。彼は1992年、腫瘍細胞に対する免疫療法(腫瘍細胞の細胞増殖抑制性前駆体の活性化のための二重特異性モノクローナル抗体)に関する論文で博士号を取得した。彼の論文の主査はMichael Pfreundschuhである。 1992年から1994年まで、彼はハーゲン通信大学で数学を学んだ。 [18]

経歴[編集]

シャヒンは、1991年から2000年までフォルカー・ディールが議長を務めるケルン大学病院(University Hospital of Cologneドイツ語版)、その後ホンブルクザールラント大学病院で内科および血液学/腫瘍学の医師として働いていた。彼は1999年に分子医学と免疫学の分野でハビリタツィオン(教授資格)を得た。Hans Hengartnerドイツ語版との1年間のサバティカルの後 2000年にチューリッヒ大学病院の実験免疫学研究所で、彼はマインツ大学医療センターのクリストフ・フーバーとの仕事を開始した。そこで彼は、2001年以来、癌研究と免疫学のさまざまな指導的地位に従事し、第III科で実験腫瘍学の教授を務めている。 2006年から内科/腫瘍血液学部門 [19]。シャヒンは、免疫系が他の方法では癌と戦うことができない場合に、たとえば癌を治療するために体の抗ウイルスメカニズムを使用しようとする免疫エンジニアであると自分自身を考えている。彼は、免疫システムを「特定の病気から私たちを保護または軽減する」ように導くと見通している [20] [21]

マインツ大学医療センター[編集]

シャヒンは、2000年にマインツ大学医療センター(University Medical Center Mainzドイツ語版)SFB432のジュニア研究グループの責任者、2003年に腫瘍ワクチンセンターのセンター長となった [18] [22] 。2006年以来、彼は実験および応用分子腫瘍学科の講師を務めている。 2010年、彼はTRON(ヨハネス・グーテンベルク大学マインツの大学医療センターでの応用分子腫瘍学)を共同設立した。 TRONは、非営利(民間)のバイオ医薬品研究所であり、アンメット・メディカル・ニーズ(未だ治療法が見つかっていない疾患への医療ニーズ)が高い癌やその他の疾患を治療するための新しい診断ツールや薬剤を開発している [23]。その焦点は、個別化医療と癌免疫療法にある。この分野での彼の業績により、シャヒンはGerman Cancer Prizeドイツ語版 を受賞した [24] [25]

2010年の設立から2019年9月まで、彼はTRONの科学ディレクターを務めていた [26]。それ以降、彼は博士課程学生の学術アドバイザーおよび指導教員を務めている[27]

さらに、シャヒンは、2011年に設立されたマインツ大学癌センター(University Center for Tumor Diseases Mainz: UCT Mainz)の副所長である [28] [29] 。UCT Mainzは、臨床腫瘍学または腫瘍学研究に焦点を当てている、University Medical Center Mainzのすべてのアクティブな機関の協会である [30] 。2017年、シャヒンは、ドイツ癌研究センター(DKFZ)とTRONの協力による新しいヘルムホルツ研究所(HI-TRON)の設立に関与した [31] [32] [33]

彼は新しいヘルムホルツ研究所の科学ディレクターの一人である [34]。創立式典で、シャヒンは「癌は将来的に撲滅される可能性がある」と信じていると宣言した [35] 。シャヒンが癌に対する革新的なワクチンを開発するためにマインツ大学医療センターで主導したプロジェクトの1つは、新しく作成されたバイオテクノロジーのスタートアップ攻撃の一環として、2006年にドイツ連邦教育研究省からスポンサー賞を授与された12のプロジェクトの1つであった( GO-Bio)。

ガニメド・ファーマシューティカルズ[編集]

シャヒンは2001年に、妻のオズレム・テュレジと彼のメンターであるクリストフ・フーバーと共にガニメド・ファーマシューティカルズを共同設立した [36] 。ガニメドは、食道癌および胃腸癌に対するモノクローナル抗体Zolbetuximabを開発した [37] 。2016年、ランダム化臨床試験の後、この薬は進行胃がん患者の全生存期間を大幅に延ばした [38] 。ガニメド・ファーマシューティカルズはアステラス製薬に14億ドルで売却された [39]。この薬は2020年の時点でフェーズIIIにある [40] [41] [42]

ビオンテック[編集]

マインツにあるバイオンテック本社

シャヒンは、オズレム・テュレジとクリストフ・フーバーとともに、2008年にドイツのマインツに拠点を置くバイオテクノロジー企業ビオンテックを設立し、それ以来CEOを務めている [43] [44]ビオンテックは、癌やその他の重篤な疾患の治療に対する患者固有のアプローチのための能動免疫療法の開発と製造に焦点を当てている [45]。彼の研究の主な焦点は、個別の癌免疫療法、感染症に対するワクチン、および希少疾患のタンパク質補充療法として使用するためのmRNAベースの薬剤の発見である [46]。彼はその上場会社の被支配株主持分を保有している [47] [48] 。2020年4月以来、ビオンテックは、シャヒンと、同社の取締役会のメンバーでもある妻のオズレム・テュレジの下で、肺疾患COVID-19に対するワクチンを研究している [49] [50]。シャヒンは、彼の会社やパートナーとともに登録したいくつかの特許に関与している。

潜在的なワクチンの配布についての議論を背景に、シャヒンは、COVID-19との戦いにおける1つの鍵は国際協力と配布の平等であると述べた。彼は、ワクチンが個々の国だけに利用可能になるかどうかについて「議論はない」と述べた。 [51] [52]。シャヒンは強制ワクチン接種に反対しており、ワクチン接種の自発的な性質を強調している [53]

彼はまた、副作用を含むワクチンの有効性と安全性は常に透明に伝えられなければならないことを強調している。 2020年秋、彼は米国の製薬会社ファイザーと提携し、2020年末までにワクチンの承認を取得する予定であった [54] [55] [56] 。2020年11月、同社はBNT162b2ワクチンの95%の有効性を報告した [57]

公表物[編集]

アメリカ国立医学図書館には、シャヒンが関わった345の臨床研究およびその他の出版物が登録されている。彼がファースト・オーサーを務めた論文は49本である [58]米国特許商標庁は、彼に関わるいくつかの特許を登録している [59]

過去5年間の最も引用された特許、および研究者の公表物のインパクトを計算したHインデックスに基づけば、ウール・シャヒンは2015年、2018年、および2019年、ネイチャーのバイオテクノロジーのトップ20応用分子腫瘍学研究者にランクインした[60] [61]

抜粋
  • “mRNA-based therapeutics–developing a new class of drugs.” (英語), Nature Reviews Drug Discovery 13 (10): 759-780, (2014), PMID 25150148 
  • “Personalized RNA mutanome vaccines mobilize poly-specific therapeutic immunity against cancer.” (英語), Nature (547): 222-226, (2017), PMID 28678784 
  • “Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine” (英語), New England Journal of Medicine (383): 2603-15, (2020), doi:10.1056/NEJMoa2034577 

受賞(抜粋)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Über zwei Wissenschaftler, die nicht nur Hoffnung gegen das Virus machen” (ドイツ語). Tagesspiegel (2020年4月26日). 2021年9月17日閲覧。 “Beide sind Kinder türkischer Einwanderer, deutsche Staatsbürger und weltweit angesehene Wissenschaftler. [Both are children of Turkish immigrants, German citizens, and internationally respected scientists]
  2. ^ Bloomberg Billionaires Index: Ugur Sahin”. Bloomberg L.P.. 2021年6月21日閲覧。
  3. ^ Hatice Akyün (2020年4月26日). “"Wir sind Impfstoff": Über zwei Wissenschaftler, die nicht nur Hoffnung gegen das Virus machen. ["We are vaccine": Two Scientists give hope, and not just against the virus]” (ドイツ語). Der Tagesspiegel. http://www.tagesspiegel.de/gesellschaft/wir-sind-impfstoff-ueber-zwei-wissenschaftler-die-nicht-nur-hoffnung-gegen-das-virus-machen/25771136.html 2020年10月26日閲覧。 
  4. ^ Johannes Göbel (2015年3月26日). “Erfolgreiches "Mainzer Modell" [Successful Mainz Model]” (ドイツ語). Deutschland-Portal (Fazit Communication, German Federal Foreign Office). https://www.deutschland.de/de/topic/wissen/universitaet-forschung/erfolgreiches-mainzer-modell 2020年10月26日閲覧。  The awards are to be given to them by President Frank-Walter Steinmeier at Bellevue Palace, the presidential residence on March 19.
  5. ^ Philip Oltermann (2020年11月10日). “Uğur Şahin and Özlem Türeci: German 'dream team' behind vaccine”. The Guardian. オリジナルの2021年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210117011752/https://www.theguardian.com/world/2020/nov/10/ugur-sahin-and-ozlem-tureci-german-dream-team-behind-vaccine 2021年2月6日閲覧. "The comments hinted at the scientific rigour, unrelenting work ethic and appetite for entrepreneurship that has seen Sahin and Türeci’s company outpace more well-established competitors in the race for a Covid-19 vaccine – and made the couple the first Germans with Turkish roots to enter their country’s rich list this autumn, at number 93." 
  6. ^ Rauscher (2020年12月18日). “Migration und Qualifikation - derStandard.at” (ドイツ語). Der Standard. 2020年12月22日閲覧。
  7. ^ Franz Josef Wagner (2020年10月7日). “Betrifft: Wir sind Impfstoff.” (ドイツ語). B.Z. (B.Z. Ullstein) (234): p. 18 
  8. ^ “Corona-Impfstoff könnte Biontech-Gründer Ugur Sahin weltberühmt machen.” (ドイツ語). RTL. (2020年10月21日). https://www.rtl.de/cms/corona-impfstoff-koennte-biontech-gruender-ugur-sahin-weltberuehmt-machen-4630380.html 2020年10月26日閲覧。 
  9. ^ Külahçı (2020年11月18日). “'Der Retter kommt' (Kurtarıcı geliyor)”. Hürriyet. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月29日閲覧。
  10. ^ Rossmann (2020年12月2日). “Gemeinsam denken”. Der Freitag. 2020年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月30日閲覧。
  11. ^ Anne Seibring (2020年12月11日). “Editorial”. Bundeszentrale für politische Bildung. 2021年1月31日閲覧。
  12. ^ Bastian Ebel (November 11, 2020) (ドイツ語), Stolz an Kölner Schule: Irrer Lebensweg: Ex-Abiturient wird in Corona-Zeit zum Weltstar [Pride at a Cologne School: Crazy Life Path: Former Student Becomes World Star in Corona Times], https://www.express.de/koeln/stolz-an-koelner-schule-irrer-lebensweg--ex-abiturient-wird-in-corona-zeit-zum-weltstar-37600434 2020年11月20日閲覧。 
  13. ^ Tobias Stolzenberg (2018), “Zwei gegen den Krebs” (ドイツ語), Technology Review (Hannover: Heise Verlag) (5), https://www.heise.de/select/tr/2018/5/1525055172523270 2020年10月26日閲覧。 
  14. ^ SPIEGEL. “Biontech-Impfstoff: Wie Google eine Impf-Forscherin zur "Ehefrau" macht” (ドイツ語). www.spiegel.de. 2021年7月11日閲覧。
  15. ^ Özlem Türeci” (英語). POLITICO (2020年12月7日). 2021年7月11日閲覧。
  16. ^ Balzter, Sebastian (2016年8月21日). “Das Traumpaar der Biotech-Branche [The Dream Couple of the Biotech Industry]” (ドイツ語). Frankfurter Allgemeine Sonntagszeitung: p. 27. https://www.hmw-emissionshaus.ag/files/Pressearchiv/FAS_20160821__Traumpaar_der_Biotech_Branche.pdf 2020年10月26日閲覧。 
  17. ^ Entwicklung innovativer Impfstoffe gegen Krebserkrankungen” (ドイツ語). YouTube. 2020年10月26日閲覧。
  18. ^ a b Prof. Dr. Ugur Sahin, Mitglied des FZI, Forschungszentrum für Immuntherapie (FZI) der Johannes Gutenberg-Universität Mainz, https://www.fzi.uni-mainz.de/files/2019/10/CV_Prof-Sahin_aktualisiert.pdf 2020年10月26日閲覧。 
  19. ^ a b “Prof. Dr. med. Ugur Sahin”, SFB 1399: Mechanisms of Drug Sensitivity and Resistance in Small Cell Lung Cancer (Department of Translational Genomics, University of Cologne), https://www.sfb1399.de/research/principal-investigators/prof-dr-med-ugur-sahin 2020年10月26日閲覧。 
  20. ^ Stefan Groß-Lobkowicz (October 23, 2020), “Corona-Impfstoff: Für 2020 haben wir bis zu 100 Millionen Dosen geplant.” (ドイツ語), The European (Weimer Media Group), https://www.theeuropean.de/stefan-gross/corona-impfstoff-fuer-2020-haben-wir-bis-zu-100-millionen-dosen-geplant/ 2020年10月26日閲覧。 
  21. ^ Petra Apfel (September 9, 2015), “Größte Hoffnung seit Jahrzehnten: Individuelle Krebsimpfung tötet Tumore.” (ドイツ語), Focus Online, https://www.focus.de/gesundheit/ratgeber/krebs/therapie/ugur-sahin-der-tumorjaeger-aus-dem-labor-jeder-krebspatient-bekommt-sein-persoenliches-medikament_id_4767194.html 2020年10月26日閲覧。 
  22. ^ “Ugur Sahin – Biography” (英語), ORCID, https://orcid.org/0000-0003-0363-1564 2020年10月26日閲覧。 
  23. ^ (ドイツ語) Über TRON, TRON – Translationale Onkologie an der Universitätsmedizin der Johannes Gutenberg-Universität Mainz, https://tron-mainz.de/de/ueber-tron/ 2020年10月26日閲覧。 
  24. ^ Petra Spielberg (2019), “Ugur Sahin: Mit individualisierten Therapien gegen den Krebs.” (ドイツ語), Deutsches Ärzteblatt (116), https://www.aerzteblatt.de/archiv/207247/Ugur-Sahin-Mit-individualisierten-Therapien-gegen-den-Krebs 2020年10月26日閲覧。 
  25. ^ Renée Dillinger-Reiter (February 28, 2019) (ドイツ語), Professor Ugur Sahin erhält den Deutschen Krebspreis 2019, Universitätsmedizin Mainz, https://www.unimedizin-mainz.de/presse/pressemitteilungen/aktuellemitteilungen/newsdetail/article/professor-ugur-sahin-erhaelt-den-deutschen-krebspreis-2019.html 2020年10月26日閲覧。 
  26. ^ (ドイツ語) Management, TRON – Translationale Onkologie an der Universitätsmedizin der Johannes Gutenberg-Universität Mainz, https://tron-mainz.de/de/ueber-tron/management/ 2020年10月26日閲覧。 
  27. ^ Neues Spitzenforschungsinstitut in Mainz: TRON – Translationale Onkologie. Bindeglied zwischen Universität, Universitätsmedizin und Wirtschaft., Ministerium für Wissenschaft, Weiterbildung und Kultur des Landes Rheinland-Pfalz, (February 18, 2010), http://www.uni-mainz.de/presse/35054.php 2020年10月26日閲覧。 
  28. ^ (ドイツ語) Geschäftsführung, Universitäres Centrum für Tumorerkrankungen Mainz (UCT Mainz), https://www.unimedizin-mainz.de/uct/das-uct-mainz/organisation/geschaeftsfuehrung.html 2020年10月26日閲覧。 
  29. ^ (ドイツ語) CCC-Netzwerk der Deutschen Krebshilfe – Mitglieder – Mainz, Stiftung Deutsche Krebshilfe, http://www.ccc-netzwerk.de/das-netzwerk/mitglieder/mainz.html 2020年10月26日閲覧。 
  30. ^ (ドイツ語) Uni Mainz hat neues Tumor-Zentrum., Berufsverband Deutscher Internisten, (June 22, 2011), https://www.bdi.de/politik-und-presse/nachrichten/ansicht/article/uni-mainz-hat-neues-tumor-zentrum/ 2020年10月26日閲覧。 
  31. ^ Renée Dillinger-Reiter (March 1, 2017) (ドイツ語), Personalisierte Immuntherapie gegen Krebs, Universitätsmedizin Mainz, https://www.unimedizin-mainz.de/presse/pressemitteilungen/aktuellemitteilungen/newsdetail/article/personalisierte-immuntherapie-gegen-krebs.html 2020年10月26日閲覧。 
  32. ^ (ドイツ語) Helmholtz-Institut für Translationale Onkologie Mainz, Deutsches Krebsforschungszentrum, https://www.dkfz.de/de/hi-tron/index.html 2020年10月26日閲覧。 
  33. ^ (ドイツ語) Präzisionsschlag gegen den Krebs, Bundesministerium für Bildung und Forschung (BMBF). Sieg gegen Krebs nicht unmöglich., (February 14, 2019), https://www.bmbf.de/de/praezisionsschlag-gegen-den-krebs-7894.html 2020年10月26日閲覧。 
  34. ^ “Neues Helmholtz-Institut” (ドイツ語), Die Welt, (February 14, 2019), https://www.welt.de/regionales/rheinland-pfalz-saarland/article188764059/Sieg-gegen-Krebs-nicht-unmoeglich-neues-Helmholtz-Institut.html 2020年10月26日閲覧。 
  35. ^ “Experte für Immuntherapie: Sieg gegen Krebs nicht unmöglich.” (ドイツ語), Frankfurter Allgemeine Zeitung, ISSN 0174-4909, https://www.faz.net/1.6041022 2020年10月26日閲覧。 
  36. ^ Joe Miller (March 20, 2020), “Ugur Sahin: The Immunologist Racing To Find a Vaccine” (英語), Financial Times, https://www.ft.com/content/36ddd384-6abf-11ea-a3c9-1fe6fedcca75 2020年10月26日閲覧。 
  37. ^ Tobias Stolzenberg (October 8, 2018), “Zwei gegen den Krebs” (ドイツ語), Heise Online, https://www.heise.de/hintergrund/Zwei-gegen-den-Krebs-4129169.html 2020年10月26日閲覧。 
  38. ^ This Obscure Biotech May Have a Game-Changing Cancer Med On Its Hands” (英語). Fortune. 2021年6月30日閲覧。
  39. ^ “Astellas kauft Ganymed” (ドイツ語), Transkript, (October 28, 2016), https://transkript.de/news/astellas-kauft-ganymed.html 2020年10月26日閲覧。 
  40. ^ Türeci, Ö.; Sahin, U.; Schulze-Bergkamen, H.; Zvirbule, Z.; Lordick, F. (June 26, 2019), “A Multicentre, Phase Iia Study of Zolbetuximab as a Single Agent in Patients With Recurrent or Refractory Advanced Adenocarcinoma of the Stomach or Lower Oesophagus: The Mono Study” (英語), Annals of Oncology: Official Journal of the European Society for Medical Oncology 30 (9): 1487–1495, doi:10.1093/annonc/mdz199, ISSN 1569-8041, PMC 6771222, PMID 31240302, http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=6771222 
  41. ^ (英語) Antibody Shines in Advanced Gastric Cancer, (June 5, 2016), https://www.medpagetoday.com/meetingcoverage/asco/58317 2020年10月26日閲覧。 
  42. ^ “A Study of Zolbetuximab (IMAB362) Plus CAPOX Compared With Placebo Plus CAPOX as First-line Treatment of Subjects With Claudin (CLDN) 18.2-Positive, HER2-Negative, Locally Advanced Unresectable or Metastatic Gastric or Gastroesophageal Junction (GEJ) Adenocarcinoma” (英語), ClinicalTrials (U.S. National Library of Medicine), https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03653507 2020年10月26日閲覧。 
  43. ^ (ドイツ語) Ministerpräsidentin Malu Dreyer sagt Mainzer Impfstoffentwickler BioNTech Unterstützung zu., Staatskanzlei Rheinland-Pfalz, (May 15, 2020), https://www.rlp.de/de/aktuelles/einzelansicht/news/News/detail/ministerpraesidentin-malu-dreyer-sagt-mainzer-impfstoffentwickler-biontech-unterstuetzung-zu/ 2020年10月26日閲覧。 
  44. ^ “Ugur Sahin, Profile and Biography” (英語), Bloomberg, https://www.bloomberg.com/profile/person/18869003 2020年10月26日閲覧。 
  45. ^ Hofmann, Siegfried; Terpitz, Katrin (March 16, 2016), “Impfung gegen Krebs” (ドイツ語), Handelsblatt: 16 
  46. ^ Kutter, Susanne (June 3, 2016), “Der große Schlag im Kampf gegen den Krebs” (ドイツ語), WirtschaftsWoche (23): 14 
  47. ^ “BioNTech-Aktie” (ドイツ語), finanzen.net, https://www.finanzen.net/aktien/biontech-aktie 2020年10月26日閲覧。 
  48. ^ Wolfram Weimer (October 13, 2020), “Der Impfstoff naht” (ドイツ語), n-tv, https://www.n-tv.de/politik/politik_person_der_woche/Der-Impfstoff-naht-article22095146.html 2020年10月26日閲覧。 
  49. ^ Siegfried Hofmann, Christian Wermke (April 23, 2020), “Ugur Sahin und Özlem Türeci: Dieses Medizinerpaar entwickelt einen Covid-19-Impfstoff.” (ドイツ語), Handelsblatt, https://www.handelsblatt.com/unternehmen/industrie/ugur-sahin-und-oezlem-tuereci-dieses-medizinerpaar-entwickelt-einen-covid-19-impfstoff/25766452.html 2020年10月26日閲覧。 
  50. ^ Gelles, David (2020年11月10日). “The Husband-and-Wife Team Behind the Leading Vaccine to Solve Covid-19” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/11/10/business/biontech-covid-vaccine.html 2020年11月17日閲覧。 
  51. ^ Kopplin, Ilka; Schleidt, Daniel (March 16, 2020), “Mainzer Unternehmen: Wie Biontech gegen Corona kämpft.” (ドイツ語), Frankfurter Allgemeine Zeitung, https://www.faz.net/aktuell/wirtschaft/unternehmen/mainzer-unternehmen-wie-biontech-gegen-corona-kaempft-16682001.html 2020年10月26日閲覧。 
  52. ^ Salz, Jürgen (September 8, 2020), “Biontech-Chef Ugur Sahin: "Wir wollen keine Abkürzung gehen."” (ドイツ語), WirtschaftsWoche, https://www.wiwo.de/unternehmen/industrie/biontech-chef-ugur-sahin-wir-wollen-keine-abkuerzung-gehen/26168404.html 2020年10月26日閲覧。 
  53. ^ Fanny Jimenez (October 20, 2020), “Biontech-CEO Ugur Sahin über den Corona-Impfstoff: "Wir haben unser Projekt 'Lightspeed' genannt, um klarzumachen: Wir vergeuden keine Zeit."” (ドイツ語), Business Insider (finanzen), https://www.businessinsider.de/wissenschaft/gesundheit/biontech-ceo-ugur-sahin-ueber-corona-impfstoff-wir-haben-unser-projekt-lightspeed-genannt-um-klarzumachen-wir-vergeuden-keine-zeit-a/ 2020年10月26日閲覧。 
  54. ^ Paul R. La Monica (October 16, 2020), “Pfizer May File for Early COVID-19 Vaccine Use – but Not Until After the Election” (英語), CNN Business (Cable News Network, A Warner Media Company), https://www.cnn.com/2020/10/16/investing/pfizer-vaccine-emergency-use-authorization/index.html 2020年10月26日閲覧。 
  55. ^ Bojan Pancevski, Jared S. Hopkins (October 22, 2020), “How Pfizer Partner BioNTech Became a Leader in Coronavirus Vaccine Race. Small German Biotech Was a Niche Player in Futuristic Cancer Treatments—Then Pivoted When COVID-19 Broke Out in China.” (英語), The Wall Street Journal (Dow Jones & Company), ISSN 0099-9660, https://www.wsj.com/articles/how-pfizer-partner-biontech-became-a-leader-in-coronavirus-vaccine-race-11603359015 2020年10月26日閲覧。 
  56. ^ Jürgen Salz, Silke Wettach (September 9, 2020), “Nach zähen Verhandlungen: EU kauft Millionen Dosen Impfstoff bei Biontech und Pfizer ein.” (ドイツ語), WirtschaftsWoche, https://www.wiwo.de/my/unternehmen/industrie/nach-zaehen-verhandlungen-eu-kauft-millionen-dosen-impfstoff-bei-biontech-und-pfizer-ein/26164670.html 2020年10月26日閲覧。 
  57. ^ heise online (ドイツ語), Biontech/Pfizer-Corona-Impfstoff: 95 Prozent Wirksamkeit nach Phase-3-Auswertung, https://www.heise.de/news/Biontech-Pfizer-Corona-Impfstoff-95-Prozent-Wirksamkeit-nach-Phase-3-Auswertung-4965389.html 2020年11月24日閲覧。 
  58. ^ “Advanced Search” (英語), ClinicalTrials (U.S. National Library of Medicine), https://clinicaltrials.gov/ct2/search/advanced 2020年11月25日閲覧。 
  59. ^ “Advanced Search” (英語), Patent Full-Text and Image Database (U.S. Patent and Trademark Office), http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-adv.htm 2020年11月25日閲覧。 
  60. ^ (英語) Table 1 Top 20 translational researchers in 2015. ISSN 1546-1696. https://www.nature.com/articles/nbt.3686/tables/1. 
  61. ^ Huggett, Brady; Paisner, Kathryn (2019-12-01). “Top 20 translational researchers of 2018” (英語). Nature Biotechnology 37 (12): 1401–1402. doi:10.1038/s41587-019-0323-8. ISSN 1546-1696. https://www.nature.com/articles/s41587-019-0323-8. 
  62. ^ (ドイツ語) Preisträger Vincenz-Czerny-Preis und deren Arbeiten, Deutsche Gesellschaft für Hämatologie und Medizinische Onkologie, https://www.dgho.de/aktuelles/preisausschreiben/vincenz-czerny-preis/preistraeger-vincenz-czerny-preis-und-deren-arbeiten 2020年10月26日閲覧。 
  63. ^ (英語) Ugur Sahin, Managing Director (Science and Research) of Translational Oncology at the University Medical Center of the Johannes Gutenberg University Mainz – Tron, University of Birmingham, https://www.birmingham.ac.uk/schools/cancer/events/spring-2015/Dr-Professor-Ugur-Sahin.aspx 2020年10月26日閲覧。 
  64. ^ “Erfolgreiche Suche nach Tumormarkern” (ドイツ語), Ärzte Zeitung (Springer Medizin), (October 13, 2005), https://www.aerztezeitung.de/Medizin/Erfolgreiche-Suche-nach-Tumormarkern-376780.html 2020年10月26日閲覧。 
  65. ^ (ドイツ語) Koehler-Preis, Deutsche Gesellschaft für Immunologie, (June 20, 2018), https://dgfi.org/preise/koehler-preis/ 2020年10月26日閲覧。 
  66. ^ (ドイツ語) GO-Bio Erfolge, Bundesministerium für Bildung und Forschung (BMBF), https://go-bio.de/de/erfolge-1713.html 2020年10月26日閲覧。 
  67. ^ “Prof. Ugur Sahin, MD PhD” (英語), ISCOMS (International Student Congress of (Bio)medical Sciences), http://iscoms.com/prof-mario-r-capecchi-phd-2/ 2020年10月26日閲覧。 
  68. ^ (ドイツ語) Prof. Ugur Sahin Receives Prestigious European Research Council (ERC) Advanced Grant for Personalized Cancer Vaccines, Mainzer Wissenschaftsallianz, (April 19, 2018), https://www.wissenschaftsallianz-mainz.de/en/news-detail/prof-ugur-sahin-receives-prestigious-european-research-council-erc-advanced-grant-for-personalize/ 2020年10月26日閲覧。 
  69. ^ (英語) The 2019 Mustafa Prize Laureates, https://www.mustafaprize.org/laureates2019 2020年10月26日閲覧。 
  70. ^ (ドイツ語) Viermal Deutscher Krebspreis für DKTK Wissenschaftler, Deutsches Konsortium für Translationale Krebsforschung (DKTK) – Deutsches Krebsforschungszentrum, (February 28, 2019), https://dktk.dkfz.de/de/ueber-uns/news/viermal-deutscher-krebspreis-fuer-dktk-wissenschaftler 2020年10月26日閲覧。 
  71. ^ Deutscher Nachhaltigkeitspreis: Startseite” (ドイツ語). Deutscher Nachhaltigkeitspreis. 2020年12月17日閲覧。
  72. ^ Miller (2020年12月16日). “FT People of the Year: BioNTech's Ugur Sahin and Ozlem Tureci”. Financial Times. 2020年12月17日閲覧。
  73. ^ Hessler. “BioNTech vaccine inventors receive Germany's Knight Commander's Cross | DW | 19.03.2021”. DW.COM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  74. ^ Bundespräsident ehrt Özlem Türeci und Uğur Şahin mit Verdienstorden” (ドイツ語). bundespraesident.de. 2021年6月30日閲覧。
  75. ^ HoF - Hall of Fame (Laureates)” (英語). emdgroup.com. 2021年6月30日閲覧。
  76. ^ THEOPHANO FOUNDATION - PRIZE 2021” (英語). theophano.eu. 2021年6月30日閲覧。
  77. ^ Silicon Valley 2021 Awards” (英語). PMWC Precision Medicine World Conference. 2021年6月30日閲覧。
  78. ^ EMBO announces 64 newly elected members – Press releases – EMBO” (英語). 2021年6月30日閲覧。
  79. ^ Princess of Asturias Award 2021
  80. ^ The Paul Ehrlich and Ludwig Darmstaedter Prize 2022 will be awarded to Katalin Karikó, Özlem Türeci and Uğur Şahin

参考文献[編集]