ウンベルト・D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウンベルトD
Umberto D.
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 チェーザレ・ザヴァッティーニ
原案 チェーザレ・ザヴァッティーニ
製作 ジュゼッペ・アマト英語版
ヴィットリオ・デ・シーカ
アンジェロ・リッツォーリ
音楽 アレッサンドロ・チコニーニ
撮影 G・R・アルド英語版
編集 エラルド・ダ・ローマ英語版
配給 日本の旗 イタリフィルム
公開 イタリアの旗 1952年1月20日
日本の旗 1962年10月1日
上映時間 87分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示
ファンの作ったポスター

ウンベルトD』(Umberto D.)は、1952年のイタリアの映画。監督はヴィットリオ・デ・シーカ。脚本はチェーザレ・ザバッティーニ。音楽はアレッサンドロ・チコニーニ。デ・シーカは、この作品を自身の父親に捧げた(父の名前は「ウンベルト」である)。出演している俳優のほとんどが素人である。主演のカルロ・バッティスティはフィレンツェ大学言語学教授だった。

プロット[編集]

わずかな年金の引き上げを求める高齢男性の街頭デモを警察が分散させる。デモの一人はウンベルト·D·フェラーリ、引退した政府の労働者である。彼は自分の部屋に戻る。宿の女将は、彼が延滞家賃を払うことができない場合、月末にフェラーリを立ち退かすという。

評価[編集]

イングマール・ベルイマンはこの映画を愛好していたとされる[1]

マーティン・スコセッシ1999年のドキュメンタリー『マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行』で、同作を取り上げ、「ネオリアリズムの極限。為すすべもなく立ちつくすとはどういうことかを描いている。人間の経験のとてもベーシックなレベルを。デ・シーカからの大切な贈り物だ。彼の父親と、われわれへの。」とコメントした。

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果 参照
アカデミー賞 原案 チェーザレ・ザヴァッティーニ ノミネート
カンヌ国際映画祭 グランプリ ヴィットリオ・デ・シーカ ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bergman about other filmmakers”. Ingmar Bergman Face to Face. Ingmar Bergman Foundation. 2011年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]