ウンベルト・D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファンの作ったポスター

ウンベルト・D』(Umberto D.)は、1952年のイタリア映画。監督はヴィットリオ・デ・シーカ。脚本はチェーザレ・ザバッティーニ。音楽はアレッサンドロ・チコニーニ。

俳優のほとんどが素人。

素人のカルロ·バティスティが演じるウンベルト・ドメニコ・フェラーリは貧しい老人で、ローマの自宅を追い出されようとしており、唯一の真の友人、メイドのマリアと彼の犬フライクは、役に立たない。

ターナー・クラシック・ムーヴィーズのロバート·オズボーンによると、今作はデ·シーカのお気に入りだった。

映画は2005年に「タイム誌のオールタイム100作品」に含まれた[1]

デ・シーカは、この作品を自分の父親に捧げた。

プロット[編集]

わずかな年金の引き上げを求める高齢男性の街頭デモを警察が分散させる。

デモの一人はウンベルト·D·フェラーリ、引退した政府の労働者である。

彼は自分の部屋に戻る。

宿の女将は、彼が延滞家賃を払うことができない場合、月末にフェラーリを立ち退かすという。

つづく。

受容[編集]

入選歴[編集]

  • 1957年:チェーザレ・ザバッティーニがアカデミー賞脚本賞に入選。
  • 1952年:ヴィットリオ·デ·シーカがカンヌ映画祭グランプリに入選。

参照[編集]

  1. ^ All-Time 100 Movies”. Time Entertainment. 2012年1月1日閲覧。
  2. ^ Bergman about other filmmakers”. Ingmar Bergman Face to Face. Ingmar Bergman Foundation. 2011年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]