チェーザレ・ザヴァッティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェーザレ・ザヴァッティーニ
Cesare Zavattini
Cesare Zavattini
1975年、ミラノで撮影
生年月日 (1902-09-20) 1902年9月20日
没年月日 (1989-12-13) 1989年12月13日(87歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア エミリア=ロマーニャ州ルッザーラ
死没地 イタリアの旗 イタリア ローマ
職業 脚本家
ジャンル 映画
テンプレートを表示

チェーザレ・ザヴァッティーニCesare Zavattini1902年9月20日 ルッザーラ - 1989年12月13日 ローマ)は、イタリア脚本家であり、「ネオレアリズモ」作品で知られる。

来歴・人物[編集]

1902年9月20日、北イタリアのエミリア=ロマーニャ州レッジョ・エミリア県の中心地であるレッジョ・エミリアに近い町、ルッザーラに生まれる。同州パルマ県パルマのパルマ大学で法学を学ぶが、執筆活動に身を投じた。1930年、28歳のときミラノに移住し、書籍・雑誌を編集出版するアンジェロ・リッツォーリのもとで働いた。

1934年にリッツォーリが映画製作を開始したのちの1936年、ザヴァッティーニの名が、原案・脚本として初めて映画にクレジットされる。1939年、映画監督のヴィットリオ・デ・シーカに出逢い、パートナーシップを開始する。20数本にもおよぶデ・シーカとの作品には、以下のような「ネオレアリズモ」の代表作がある。

1989年12月13日、ローマで死去。87歳没。

脚本を提供した監督[編集]

80作を超えるザヴァッティーニ作品が提供されたイタリア内外の有名な映画監督には、以下の人々がいる(アルファベット順)。

ガブリエル・ガルシア=マルケスの短篇小説『La Santa』のある登場人物の名はザヴァッティーニからとられた。物語の中でのその人物は映画学の教師である。

代表作[編集]

外部リンク[編集]