ウジェーヌ・ビュルヌフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダヴィッド・ダンジェによるビュルヌフのメダル(1840年)[1]

ウジェーヌ・ビュルヌフ(Eugène Burnouf、1801年4月8日 - 1852年5月28日)は、フランス東洋学者インド学者かつイラン学者として、仏教ゾロアスター教を研究した。

略歴[編集]

ビュルヌフは高名な古典学者であるジャン=ルイ・ビュルヌフの子としてパリに生まれた。サンスクリットをはじめは父に学び[2]、のちにコレージュ・ド・フランスシェジーに学んだ。ビュルヌフは1822年のアジア協会創立時からの会員で、1829年には書記に就任した[1]

1829年から高等師範学校比較言語学を教えた。

1832年にシェジーが没すると、その後任としてコレージュ・ド・フランスのサンスクリット言語・文学の教授の座についた[3]。同年、碑文・文芸アカデミーの会員に選ばれた[4]。1838年にはシルヴェストル・ド・サシの後任として王立印刷局の東洋諸語の活字の監査官をつとめた[1]

1852年に碑文・文芸アカデミーの終身書記の地位を与えられたが、同年没した[4]

業績[編集]

インド学[編集]

ビュルヌフはパーリ語を研究した。

1840年以降、バーガヴァタ・プラーナ英語版の翻訳を出版した。

イギリス東インド会社のためにインドとネパールで働いていたブライアン・ホートン・ホジソンは、ネパールで多数のサンスクリット写本を得、1837年にパリに送った[2]。ビュルヌフはその中に含まれていた『法華経』の写本を翻訳した。その後1845年に別な写本がホジソンから送られてきた。

1844年には大著『インド仏教史序説』を著した(第1巻のみ)。この著書は仏教に関するヨーロッパ初の学術的モノグラフだった[5]。続巻の準備もしていたが、完成することなく没した。

『法華経』訳注の出版には慎重であり、没後の1852年に門人のモールによって出版された。生前の1843年に第5章(薬草喩品に相当)のみが公刊されている[6]

イラン学[編集]

ビュルヌフはアンクティル・デュペロンによってもたらされた「ヴェンディダード・サーデ」写本をリトグラフ出版した。

1833年にはヤスナの注釈書を著したが、この書物は単なる注釈にとどまらず、アヴェスター文字の音価を改良し、アヴェスター語の文法と語彙がまとめられており、イラン言語学の基礎を築く著作だった。ビュルヌフはアヴェスターが複数の時代に書かれたものであることを指摘し、またヴェーダ語とアヴェスター語の類似をしばしば指摘した[7]

1836年に古代ペルシア楔形文字碑文をアヴェスター語と比較し、グローテフェントが誤って読んでいた z と k を正した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Burnouf, Eugène, Académie des Inscriptions et Belles-Lettres, http://www.aibl.fr/societe-asiatique/histoire/membres-illustres-de-la-societe/article/burnouf?lang=fr 
  2. ^ a b ロペス (2012) p.19
  3. ^ ロペス (2012) p.22
  4. ^ a b “BOURNOUF (Eugène)”. Dictionnaire universel d’histoire et de géographie. 1. (1878). p. 305. 
  5. ^ ロペス (2012) p.21
  6. ^ ヴォロビヨヴァ=デシャトフスカヤ (2013) pp.228-226
  7. ^ イラン百科事典
  8. ^ 関根正雄 「楔形文字の解読」『古代文字の解読』 関根正雄;高津春繁岩波書店1964年、120頁。

参考文献[編集]