ウグルナールク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウグルナールク
Ugrunaaluk
生息年代: 白亜紀後期, 73.0–66 Ma
エドモントサウルス
Ugrunaaluk kuukpikensis
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : サウロロフス亜科
Saurolophinae
: ウグルナールク属
Ugrunaaluk
学名
Ugrunaaluk
Mori, et al., 2015

ウグルナールク Ugrunaaluk は、サウロロフス亜科に属する恐竜アラスカ州北極圏で発見された。アラスカで見つかったエドモントサウルスとされる事があるのはこの動物のことである。本属は現在のところウグルナールク・クークピケンシス Ugrunaaluk kuukpikensis 一種のみを内包する[1][2][3]。属名はイヌイットの言葉で「太古の草食動物」 を意味する。模式種の種小名はクークピク kuukpik というアラスカの地名に因む。

発見[編集]

ウグルナールクの幼年個体の復元頭骨

1980年、アラスカのコルビル川リスコム・ボーンベッドにあるウミアト Umiat で6000本以上ものハドロサウルス類の骨が見つかった。最初にそれらはランベオサウルス亜科のものであると考えられた[4]。後にサウロロフス亜科エドモントサウルス属と改められた。より細かく言えば、エドモントサウルス・レガリス Edmontosaurus regalis と特定された[5]。 ほとんどの骨が幼い個体のものだったので正確な同定ができなかったのだ。2014年、森浩嗣は、アラスカの標本とエドモントサウルス・アンネクテンス Edmontosaurus annectens の骨とを統計学的に比較し、両者は別々の属のものであると結論づけた[6]

新属の発見は2015年9月22日に、森、ドラッケンミラー、グレゴリー・エリクソンらによって記載論文が発表された[7]。ウグルナールクは2015年にオープンアクセスのフリージャーナルで記載された18の恐竜のタクサのうちの1つである[8]。しかしながら、ウグルナールクの独自性は属を分けるほどではないのではないかという意見が2017年、Hai Xing と学生らによって提示され、既知のエドモントサウルスではないが、エドモントサウルス属内の新種であり、ウグルナールクは疑問名であると主張された[9]

出典[編集]

  1. ^ Bakalar, Nicholas (2015年9月28日). “New Dinosaur Species That Lived Above Arctic Circle Is Discovered”. New York Times. https://www.nytimes.com/2015/09/29/science/new-dinosaur-species-that-lived-above-arctic-circle-discovered.html 2015年10月1日閲覧。 
  2. ^ Fossils of new duck-billed, plant-eating dinosaur species found in Alaska, researchers say”. Associated Press via US News. 2015年9月23日閲覧。
  3. ^ New dinosaur species may have left tracks in the snow”. CBS News. 2015年9月23日閲覧。
  4. ^ Brouwers, E.M., Clemens, W.A., Spicer, R.A., Ager, T.A., Carter, L.D., and Sliter, W.V., 1987, "Dinosaurs on the North Slope, Alaska: High latitude, latest Cretaceous environments". Science 237: 1608–1610
  5. ^ Xing, H., Zhao, X., Wang, K. Li, D., Chen, S., Jordan, C.M., Zhang, Y and Xu, X., 2014, "Comparative Osteology and Phylogenetic Relationship of Edmontosaurus and Shantungosaurus (Dinosauria: Hadrosauridae) from the Upper Cretaceous of North America and East Asia", Acta Geologica Sinica 88: 1623–1652
  6. ^ Mori, H., 2014, Osteology, Relationships And Paleoecology Of a New Arctic Hadrosaurid (Dinosauria: Ornithopoda) From the Prince Creek Formation Of Northern Alaska. Unpublished Ph.D. thesis, University of Alaska Fairbanks, Fairbanks 333 pp
  7. ^ Mori, Hirotsugu; Druckenmiller, Patrick S. & Erickson, Gregory M. (2015). “A new Arctic hadrosaurid from the Prince Creek Formation (lower Maastrichtian) of northern Alaska”. Acta Palaeontologica Polonica (In press). doi:10.4202/app.00152.2015. https://www.app.pan.pl/article/item/app001522015.html. 
  8. ^ The Open Access Dinosaurs of 2015”. PLOS Paleo. 2016年6月16日閲覧。
  9. ^ Xing, H.; Mallon, J.C.; Currie, M.L.. “Supplementary cranial description of the types of Edmontosaurus regalis (Ornithischia: Hadrosauridae), with comments on the phylogenetics and biogeography of Hadrosaurinae”. PLoS ONE 12 (4): e0175253. doi:10.1371/journal.pone.0175253. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0175253 2017年6月16日閲覧。.