ウォルター・ブルーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォルター・ブルーニング
Walter Breuning
Walter Breuning April 8, 2010.jpg
2010年4月のウォルター・ブルーニング
生誕 (1896-09-21) 1896年9月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メルローズ
死没 (2011-04-14) 2011年4月14日(満114歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 グレートフォールズ (モンタナ州)
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 グレートフォールズ (モンタナ州)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 鉄道員
著名な実績 男性長寿世界一
配偶者 Agnes C. Breuning (née Twokey) (1922結婚–1957)
John Breuning (1864-1951)
Cora Mae (née Morehouse) (1870-1971)

ウォルター・ブルーニングウォルター・ブラウニングWalter Breuning1896年9月21日 - 2011年4月14日[1])は、アメリカ人の長寿の男性。114年と205日間生き、2009年7月18日から亡くなるまで男性長寿世界一であった[2]。女性を含めても、1896年7月9日生まれのマリア・ゴメス・ヴァレンチンと1896年8月26日生まれのベシー・クーパーに次ぐ存命している3番目に高齢の人物だった。

人物[編集]

ウォルター・ブルーニング、一番上の列、左第2番目、1907年10月。

彼は第一次世界大戦のとき兵役を申し込んだが、呼び出されることはなかったという。グレート・ノーザン鉄道の鉄道員として働いていた。第二次世界大戦が勃発したとき、彼はすでに高齢だったため徴兵されることはなかった。

1日2回の食事を少なめに取ることを長寿の秘訣としていた[3]

彼は2011年3月に入院するまで非常に健康であったという。2011年4月14日、老衰のためモンタナ州の高齢者施設で死去した[1]。なお、アメリカ人の男性としては最後の19世紀生まれの人物だった。

彼は秘密結社フリーメイソンのメンバーであった(1925年にグレートフォールズ第118ロッジに入会)[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:世界最高齢男性が死去=トップは京都府の木村さんに[リンク切れ]
  2. ^ Walter Breuning, world's oldest man, dies in Montana at age 114オリジナルの2011年4月29日地点でのアーカイブ。)
  3. ^ “京都の木村次郎右衛門さん、男性世界最高齢に 113歳”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年4月15日). オリジナル2011年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110418141340/http://www.asahi.com/national/update/0415/TKY201104150542.html 
  4. ^ World's Oldest Man is a Brother”. Masons of California. 2016年10月30日閲覧。
先代:
ヘンリー・アリンガム
男性長寿世界一
2009年7月18日 - 2011年4月14日
次代:
木村次郎右衛門