ウィンディ (気象サービス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィンディ
Windy. com
以前の社名
ウィンディティ(Windyty[1]
ウィンディTV(Windytv[1]
事業分野 天気予報
設立 2014年[1]
創業者 イヴォ・ルカチョヴィッチ(Ivo Lukačovič)
本社
サービス 気象アプリ
オンライン天気予報
従業員数
15名(2017年[1]
ウェブサイト www.windy.com

ウィンディドットコム(Windy. com)は、インタラクティブなリアルタイム天気予報サービスを世界中に提供するチェコの企業。2014年[1]、チェコのポータルサイトセズナムSeznam.cz)」を開設した起業家イヴォ・ルカチョヴィッチIvo Lukačovič)によって設立された[2][3]

ルカチョヴィッチは趣味であるスノーカイトカイトサーフィンに没頭しており[1]、ヘリや飛行機の操縦士が風や波の状態をMETARから収集している過程を観察したことが切っ掛けとなり、プログラミングが得意であったルカチョヴィッチは2014年に試用版の立ち上げを行っている[1]。メテオブルーで地図上に表示される詳細な気圧配置や気象に関する各種グラフ、キャメロン・ベッカリオのオープンプロジェクトであった「Earth」に誘発され、Earthソースコードを自身で書き直し実装している[1]。またメテオブルーとも一部利用に関する契約を結んでいる[1]

使用データ[編集]

現在使用されている気象予報データーは、アメリカ国立気象局NWS)が使用するコンピューター解析システム「Global Forecast System, GFS」、ヨーロッパ中期予報センターECMWF)が公表する気象データ、バーゼル大学アメリカ海洋大気庁NOAA)、国立環境予報センターNational Centers for Environmental Prediction, NCEP)が共同で設立したスイスの気象予報に関する民間企業、メテオブルーMeteoblue)が公表した(NOAA Environmental Modeling System, NEMS)データを基に制作が行われている[1]

設立当初、風の動きを示すアニメーションのみに重点を置いていたが、現在では温度湿度気圧雲底海水温や波の高さなどのほかに、様々なパラメータが備わる追加パネルが実装されている。風の動きを示すアニメーションはキャメロン・ベッカリオ(Cameron Beccario)が作成したオープンソースEarth wind map」を基に表示が行われている[4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j About Windy”. Ivo Lukačovič (2018年9月). 2020年9月9日閲覧。
  2. ^ About Us, Windy Community”. Windy. 2020年8月30日閲覧。
  3. ^ Nová služba zobrazuje vítr po celém světě, vytvořil ji Ivo Lukačovič”. Živě.cz (2014年11月7日). 2020年8月30日閲覧。
  4. ^ Earth, a project to visualize global weather conditions.”. 2020年8月30日閲覧。
  5. ^ Cameron Beccario”. 公式ツイッター. 2020年8月30日閲覧。
  6. ^ Cameron Beccarioによる風速データの可視化プロジェクト「Earth wind map」4K画質で2018年度を振り返る”. Axis Web Magazine (2019年1月15日). 2020年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]