ウィラード・メトカーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィラード・メトカーフ

ウィラード・メトカーフ(Willard Leroy Metcalf、1858年7月1日 - 1925年3月9日)はアメリカ合衆国の画家である。美術家グループ「テン・アメリカン・ペインターズ」のメンバーの一人としても活動した。

略歴[編集]

マサチューセッツ州ローウェルの労働者階級の生まれである。16歳で絵を書き始め、1876年にボストンにスタジオを開いた。奨学金を得て、ボストン美術館の付属美術学校1878年まで学んだ。1882年にボストンの画廊で個展を開き、絵を売った資金を国外への留学の資金にした[1]

1883年9月にヨーロッパへ出発し1888年までヨーロッパに滞在した。はじめはパリの私立美術学校アカデミー・ジュリアンに入学し、ギュスターヴ・ブーランジェジュール・ジョゼフ・ルフェーブルに学んだ。その後、イギリスや、多くの画家たちが集まっていた、フランス、ブルターニュポン=タヴァンで過ごした。1884年に後に共に活動することになるジョン・ヘンリー・トワックトマンとパリで知り合った。セオドア・ロビンソンなどの多くアメリカの画家も滞在していた、グレ=シュル=ロワンでも風景画を描いた。この時代のメトカーフのスタイルは、ジャン=フランソワ・ミレーに影響を受けていた[2]クロード・モネが住んでいたジヴェルニーでも風景画を描き、アルジェリアやチュニジアも旅した[2]

アメリカに帰国した後、ボストンで個展を開き、しばらくフィラデルフィアで活動した後、1890年にニューヨークにスタジオを開きしばらくは肖像画家、商業美術家、美術教師として収入を補った。1895年にアメリカにおける芸術家村であるマサチューセッツ州のグロスターで風景画を描いた。1890年代の終わりに、ジョン・ヘンリー・トワックトマンらが創設した「テン・アメリカン・ペインターズ」のグループ展に参加したが、作品数は少なく、貢献は限られたものであった。[3]

1899年に友人のロバート・ルイス・リード、エドワード・シモンズとニューヨークの役所の壁画の仕事もした[4]

20世紀にはいって、タバコ会社の壁画の仕事の準備でキューバを旅したり、メイン州に住んで、風景を描いたりし、1907年にコーコラン美術館の展覧会で金賞を得た。

その後もニューハンプシャー州のコーニッシュなどで風景画を描いた。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hiesinger, pages 240-1.
  2. ^ a b Hiesinger, page 241.
  3. ^ Chambers, page 28; Hiesinger, page 241.
  4. ^ Chambers, page 28.

参考文献[編集]

  • Chambers, Bruce W., et al., May Night, Willard Metcalf in Old Lyme, Florence Griswold Museum, 2005. 1-880897-22-9.
  • Hiesinger, Ulrich W., Impressionism in America: The Ten American Painters, Prestel-Verlag, 1991. 3-7913-1142-5.