セオドア・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セオドア・ロビンソン(自画像)

セオドア・ロビンソン(Theodore Robinson、1852年6月3日 - 1896年4月2日)はアメリカ合衆国の画家である。1880年代からフランスでクロード・モネと親しくなり、アメリカの「印象派」の代表的画家の一人として風景画、人物画を描いた。

略歴[編集]

バーモント州のアイラズバーグ(Irasburg)に生まれた。家族とウィスコンシン州エバンズビルに移った。ロビンソンはシカゴでしばらく美術を学んだ後、1874年にニューヨークに出て、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインアート・スチューデンツ・リーグで学んだ[1]。1876年にパリに出てカロリュス=デュランに学び、パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)でジャン=レオン・ジェロームに学んだ。1877年のサロン・ド・パリに初めて出展し[1]、その夏はアメリカ出身の画家が多く集まったグレ=シュル=ロワンで過ごした。

ヴェネツィアボローニャへ旅した後、1879年にアメリカに戻り、ニューヨークでスタジオを開き.[2] 、写実的なスタイルの絵を描いていた。

1884年に再びフランスに渡りその後8年間は、たまにアメリカに戻るだけでフランスで過ごした。印象派の大家、クロード・モネ(1840-1926)の邸があり、多くの印象派の画家が集まっていた、ジヴェルニーに移った。モネといつ親しくなったかははっきりしていないが1888年までにはモネの邸のすぐ近くに移るほど親しくなった。この時期にモネの影響を受け、ロビンソンの画風は印象派のスタイルに変わった。

1892年にフランスを後にし、アメリカに戻った後は、ニューヨークのブルックリン美術学校やニュージャージー州プリンストンのイヴリン・カレッジ(Evelyn College)、フィラデルフィアペンシルベニア美術アカデミーなどで教えた[3]。ニューヨークを拠点にして、ロビンソンはアメリカにおける「印象派」に近い芸術家にとって重要な人物となった。特に親しかった芸術家にはジョン・ヘンリー・トワックトマンジュリアン・オールデン・ウィアーがいて、彼らが集まった「コスコブ芸術コロニー」でも過ごした。コスコブではヨットクラブを描いた作品がある。

モネには再びジヴェルニーに戻ると手紙に書いていたが、1896年に43歳で病死した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Roberts, Norma J., ed. (1988), The American Collections, Columbus Museum of Art, p. 38, ISBN 0-8109-1811-0 .
  2. ^ Vigue, Jordi (2004). Great Masters of American Art. New York: Watson-Guptill Publications. pp. 349. ISBN 0823021157. 
  3. ^ American Impressionism: Theodore Robinson - NGA”. nga.gov. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。[リンク切れ]

参考文献[編集]

  • Gerdts, William H. (2001). American Impressionism, Second Edition. New York: Abbeville Press Publishers. ISBN 0-7892-0737-0.
  • Larkin, Susan G. (2001). The Cos Cob Art Colony. New York: the National Academy of Design. ISBN 0-300-08852-3.
  • Johnson, Sona. (2004). In Monet's Light: Theodore Robinson at Giverny. New York: Phillip Wilson Publishers. ISBN 0-85667-566-0.
  • John C. Van Dyke, ed. (1896). Modern French Masters. London: T. Fisher Unwin.
  • Jeffrey Morseburg. (2004). "Theodore Robinson". New York: Fine Art Connoisseur.