イーゴリ・スミルノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーゴリ・スミルノフ

イーゴリ・ニコラエヴィチ・スミルノフIgor Nicolaevici Smirnov , Игорь Николáевич Смирнов , 1941年10月3日 - )は、モルドバの政治家。1991年10月から2011年12月まで未承認国家である沿ドニエストル共和国大統領職を務めた。

略歴[編集]

ペトロパヴロフスク・カムチャツキー出身。手工業学校卒業後、西シベリアズラトウースト冶金工場、さらに1959年から1987年まで南ウクライナのノーバ・カホフカの電気機械製造工場に勤務する。

1987年、後に沿ドニエストル共和国の首都となるティラスポリに移住。1987年から1990年までティラスポリの「エレクトロマシュ」の工場長を務める。

1989年8月からモルダビア・ソビエト社会主義共和国の人民代議員として政界に入り、ロシア人ウクライナ人住民の権利の擁護に努めた。1990年4月からティラスポリ市人民代議員会議議長。1990年9月2日、国際社会から承認を得られないまま沿ドニエストル・ソビエト社会主義共和国暫定最高会議議長への就任を宣言した。これを阻止しようとするモルドバからの軍事侵攻も撃退し、権力の座を確固たるものにする。

その後の大統領選挙(1991年、1996年2001年2006年)で4選を果たし、2001年の大統領選挙では81.8%を得票した。しかし5選を目指した2011年の大統領選挙で1回目の投票で敗北し、決選投票にも進めなかった[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]