イーゴリ・オイストラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イーゴリ ダヴィドヴィチ オイストラフ
Bundesarchiv Bild 183-45930-0004, Berlin, Gastspiel David und Igor Oistrach.jpg
左からダヴィッド・オイストラフフランツ・コンヴィチュニー、イーゴリ・オイストラフ。1957年に撮影。
基本情報
生誕 (1931-04-27) 1931年4月27日
出身地  ウクライナオデッサ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

イーゴリ・ダヴィドヴィチ・オイストラフИгорь Давидович ОйстрахIgor Davidovich Oistrakh1931年4月27日 - )は、ウクライナ出身のヴァイオリニスト[1]

概要[編集]

ヴァイオリニストのダヴィッド・オイストラフの息子としてオデッサに生まれた。モスクワ中央音楽学校に進み、1948年、コンサート・デビューを果たした。1949年から1955年までモスクワ音楽院で学び、1952年のヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝している。1958年、同音楽院でヴァイオリンを教えるようになり、1965年、同音楽院の講師となった。この時期の弟子として、ザハール・ブロンイェラ・シュピトコヴァー等がいる。1996年からブリュッセル王立音楽院の教授を務め大谷玲子らを教えた。

ソリストとして、あるいはリサイタルなど国際的な活躍をしている、父ダヴィッドの存命中は、リサイタルでの共演、ダヴィッドの指揮によるコンサートも開いていた。

小惑星42516オイストラフ」は、オイストラフ父子の名に由来する。

[編集]

  1. ^ allmusic.com