イヴァン・ビリビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビリビンの肖像画

イヴァン・ヤーコヴレヴィチ・ビリービンИван Яковлевич Билибин, 1876年8月16日ユリウス暦8月4日) - 1942年2月7日)は20世紀初頭の最も影響力のあるイラストレーターの一人。『芸術世界』誌の同人として、ロシア・バレエ団の舞台デザインも担当した。生涯を通じて、スラヴ神話民話に強い霊感を受けている。

生涯[編集]

イリヤー・ムーロミェツと追い剥ぎソロヴェイ
リムスキー=コルサコフ歌劇金鶏》の舞台デザイン

サンクトペテルブルク郊外に生まれる。1898年にミュンヘンアントン・アシベのアトリエへ留学し、帰国後イリヤ・レーピンのもとでいっそうの研鑚を積む(1900年までテニシェヴァ公爵夫人のタラシキノにて、1904年まで芸術アカデミーの聴講生として)。1899年ロシアおとぎ話に基づく斬新な挿絵を発表して、名声を掴む。1905年革命の間は、革命に関する戯画を描いていた。1902年から1904年にかけて北ロシアへの民族調査に参加し、古い木造建築やロシアの伝承に魅了される。その成果を研究論文「ロシア農村の芸術遺産(Остатки искусства в русской деревне)」[1]〔『すべての人のための雑誌(Журнал для всей)』10月号、1904年、608-618頁〕、「北ロシアにおける民衆芸術(Народное творчество Русского севера)」[2]〔『芸術世界(Мир искусства)』第11号、1904年12月、303-318頁〕に発表。さらに「16-17世紀におけるロシア衣服についての一言(Несколько слов о русской одежде в XVI и XVII вв.)」[3]〔『昔の年月(Старые годы)』7-9月号、1909年、440-456頁〕では中世ロシアへの「外国人旅行者」らの旅行記を批判的に検討している。さらに、浮世絵からも大きな影響を受けた。

ロシア革命に相容れないものを感じてソ連を脱出。カイロアレクサンドリアに短期間逗留した後、1925年パリに定住した。同地では、私邸や(正教会の)教会の装飾職人として働いた。しかしながら故郷への憧れはつのる一方で、1936年にソ連大使館の模様替えを終えると、ソヴェト・ロシアに帰国した。1941年までソ連美術アカデミーで教鞭を執っている。レニングラード包囲戦のさなかに他界。

その他[編集]

1980年に「イヴァンゴロド美術館(Ивангородский музей)」[4]が開業し、ビリービンの作品や北ロシアからの採集物(作品の資料)が所蔵されている。そのほかに、「ロシア民族学博物館(Российский Этнографичесий музей)」[5]にも採集物が保管されているが、こちらはごく一部しか一般公開されていない。

日本においては、手塚治虫が筒井康隆『イリヤ・ムウロメツ』(講談社、昭和60年)に付した挿絵で「ビリービン様式(Билибинский стиль)」をほとんどそのまま倣っているほか、宮崎駿もアニメーションの手法としてビリービンの挿絵を参考にしている[6]。日本の漫画界・イラストレーション界に大きな影響を与えていると考えられるものの、一般にはあまり認知されていない。

脚注[編集]

  1. ^ Остатки искусства в русской деревне (Билибин) — Викитека”. ru.wikisource.org. 2019年1月28日閲覧。
  2. ^ Народное творчество русского Севера (Билибин) — Викитека”. ru.wikisource.org. 2019年1月28日閲覧。
  3. ^ Несколько слов о русской одежде (Билибин) — Викитека”. ru.wikisource.org. 2019年1月28日閲覧。
  4. ^ Ивангородский музей”. lenoblmus.ru. 2019年1月28日閲覧。
  5. ^ РЭМ | Российский Этнографический Музей”. ethnomuseum.ru. 2019年1月28日閲覧。
  6. ^ Takai, Shinichi. “企画展示『挿絵が僕らにくれたもの』展 - 三鷹の森ジブリ美術館” (日本語). www.ghibli-museum.jp. 2019年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]