インドソケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドソケイ
Champa tree with pink flowers in Islamabad, Pakistan.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: リンドウ目 Gentianales
: キョウチクトウ科 Apocynaceae
: インドソケイ連 Plumerieae
: インドソケイ属 Plumeria[1]
: インドソケイ P. rubra
学名
Plumeria rubra
L.

インドソケイ (Plumeria rubra) はインドソケイ属に属する落葉樹である[2]。属名からプルメリアとも呼ばれる。原産地は中米であるが、亜熱帯・熱帯で広く栽培されている。樹高・樹幅ともに7–8 m程度になり、夏から秋にかけて白い芳香のある花をつける。

分類[編集]

1753年、カール・フォン・リンネによりSpecies Plantarumの中で記載された。種小名は、ラテン語で"赤"を意味する"ruber"に由来する。acuminataacutifolialutea という種小名も使われるが、現在では無効とされる。

名称[編集]

オーストラリアでは 'frangipani' と呼ばれるが、米国では属名の 'plumeria' が用いられる。'red frangipani', 'common frangipani', 'temple tree' という別称もある。ハワイでは melia と呼ばれる[3]。'frangipani' は、この花の香りのする香水を発明した、16世紀のイタリア侯爵に由来する。インド南部・西部では champachaaphaachampige などと呼ばれる。カンボジアでは châmpéi krahâ:m (krahom は "赤"を意味する)・châmpéi slük sruëch 、またはフランス語に由来する frangipanier à fleurs rouges と呼ばれる[4]

ピンクの品種。インド・プネーで撮影

形態[編集]

樹高2–8 m、幅も同じくらいに成長する低木である。多肉質の茎・太く短い枝を持ち、樹皮は灰色。枝はやや脆く、折れた断面からは、皮膚を刺激する白い樹液が滲み出す。葉は長さ30-50 cmに達し、枝の先端に互生し、冬には落葉する。花は夏に咲き、頂生する。花弁は5枚で白、中心はピンクから黄色に染まる。非常に強い芳香がある[2][5]。蕾はらせん状で、花の直径は 5-7.5 cm。ごく稀に、17.5 cm程度の莢に包まれた20-60個の翼果をつける[3]

さび病に冒された葉。
Photo by Sam Fraser-Smith

分布[編集]

メキシコ・中米・南米北部に自然分布する。熱帯域で広く栽培され、インドでは一部が野生化しているとみられる[1]

栽培[編集]

全世界の熱帯・亜熱帯域で栽培される。例えば、オーストラリアではシドニーパースや、暖かく霜の降りない北部で広く栽培される[6]。米国では、USDA Hardiness zones[7]が10B以上の場所でのみ生育でき、これは本土ではカリフォルニア・フロリダの南端のみである[5]。ハワイでは標高2000 mでも生育する[3]。土壌は特に選ばず、酸性でも塩基性でも、砂質でも粘土質でも生育できる[5]。苗が利用できるほか、冬季に採取し、乾燥させた枝を用いた挿し木によっても殖やすことができる[6]。庭園・街路・公園のほか、寺院や墓地にも植えられる[3]

Plumeria obtusa との交雑種も栽培される。これは葉が丸みを帯びており、落葉性が低い[3]。ハワイでは、花の中心が黄色い栽培品種、"Singapore" が通年栽培される[8]。ハワイでは重要な花卉であり、2005年には1400万本を超える花がレイ(装飾品の一種)として用いられた[9]

カンボジアでは他のインドソケイ属の種とともに、供え物として用いる。葉は傷の治療に用いたり、鎮静効果のある煎じ薬として用いる[4]

さび病菌の一種 Coleosporium plumeriae が若葉に感染し、"plumeria rust","frangipani rust" と呼ばれるさび病を引き起こす。これはハワイ・オーストラリアから報告されており、感染した葉には、茶-橙の粉状の斑点・膜が形成される。[3][10]。これは1902年、フランスの菌類学者ナルシス・テオフィル・パトゥイラール(Narcisse Théophile Patouillard)によってグアドループで発見されたもので、2005年には台湾でも発生している[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b Plumeria rubra”. Germplasm Resources Information Network. United States Department of Agriculture. 2012年10月30日閲覧。
  2. ^ a b "Botanica. The Illustrated AZ of over 10000 garden plants and how to cultivate them", p. 691. Könemann, 2004. ISBN 3-8331-1253-0
  3. ^ a b c d e f Criley, Richard A (1998年2月). “Ornamentals and Flowers OF-24: Plumeria”. Cooperative Extension Service, C/T/A/H/R. Department of Horticulture, College of Tropical Agriculture & Human Resources, University of hawaii at Manoa. 2010年1月31日閲覧。
  4. ^ a b Dy Phon Pauline, 2000, Plants Used In Cambodia, printed by Imprimerie Olympic, Phnom Penh
  5. ^ a b c Gilman, Edward F.; Watson, Dennis G. (1994年10月). “Fact Sheet ST-491 Plumeria rubra Frangipani”. Environmental Horticulture website. Gainesville, FL: University of Florida. 2010年1月31日閲覧。
  6. ^ a b Campbell, Colin (2006年6月3日). “Fact Sheet: Frangipani”. Gardening Australia Website. Australian Broadcasting Corporation. 2010年1月31日閲覧。
  7. ^ USDA plant hardiness zones”. 2012年10月31日閲覧。
  8. ^ Scott, Susan (1991). Plants and Animals of Hawaii. Bess Press. p. 65. ISBN 0-935848-93-2. http://books.google.com/books?id=6MvFZ1P71GQC&pg=PA65&lpg=PA65&dq=Hawaii+plumeria+%22all+year%22&source=bl&ots=uFSO0_0sxD&sig=ir2wQUciu5Py9bKoQ-K9-PeTYYE&hl=en&ei=r2xrS4CUFoT2sQOCpOilAw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=9&ved=0CDUQ6AEwCA#v=onepage&q=Hawaii%20plumeria%20%22all%20year%22&f=false 2010年2月5日閲覧。. 
  9. ^ PLUMERIA RUBRA: AN OLD ORNAMENTAL, A NEW CROP
  10. ^ Burke, Don (2001年). “Weeds and Garden Pests: Frangipani Rust”. Burke's Backyard website. Sydney, Australia: CTC Productions. 2010年2月4日閲覧。
  11. ^ The first report of Plumeria (Frangipani) rust disease caused by Coleosporium plumeriae in Taiwan”. 2012年11月1日閲覧。