インディアンパシフィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インディアンパシフィック
牽引機のNR型機関車、NR28号機
牽引機のNR型機関車、NR28号機
オーストラリアの旗 オーストラリア
運行者 グレートサザンレールウェイ
運行区間 シドニー - パース
運行距離 4,352 km
所要時間 65時間
運行頻度 週2往復
最高速度 115km/h(約72mph)
運行開始 1970年2月23日
テンプレートを表示

インディアンパシフィックIndian Pacific)は、オーストラリア連邦の長距離旅客列車である。太平洋岸に位置するシドニーからインド洋に面したパースまで[1]全長3961キロを結び、その中には世界一直線が長い区間が含まれる。トランスコンティネンタル鉄道とも言う。

概要[編集]

インディアンパシフィックの走行ルートはほぼ直線である事で知られており、中でもグレートビクトリア砂漠の南に位置するナラボー平原を走る直線(478キロ)は世界一長い直線として有名。 早朝にこの平原を通過するダイヤの場合、車内のモーニングサービスはこの平原から昇る日の出を眺めながら飲むことが出来るようセッティングされている。

歴史[編集]

オーストラリア鉄道は各州が独自の規格で敷設を始めたため、軌間が異なっていたが、1969年シドニーからパースまでの大陸横断鉄道標準軌に統一された。これを機に1970年2月23日より運行を開始したのがインディアンパシフィックである。1997年オーストラリア国鉄の解体によりグレートサザンレールウェイによる運行となった。

車内設備[編集]

車内設備は大きくゴールドカンガルーサービス、レッドカンガルーサービスに分かれる。

  • ゴールドカンガルーサービス:全て個室寝台車で、シングル・キャビン、ツイン・キャビン、デラックス・キャビン、プルマンズ・キャビンの4種類の部屋がある。食事は運賃に含まれ、洗顔セット、ドライヤー、オーディオ・サービスなどが用意されている。
  • レッドカンガルーサービス:ツインの寝台と座席車がある。洗面所・シャワーは各車輌に設置。

なおレストランやラウンジもゴールドカンガルーサービス、レッドカンガルーサービス別々に用意されている。

上記とは別にチェアーマンズ・カーと呼ばれるプライベート車輌の連結を依頼することもできる。

オフ・トレイン・ツアー[編集]

以下の停車箇所において停車時間を利用した短時間(1時間 - 2時間30分)の観光ツアーが設定されている。

運行ダイヤ[編集]

ルート

シドニーからパースまでは3泊4日(約67時間)を要し、週2往復の運転である。運行ダイヤは以下の通り(全て現地時刻)。

  • シドニー (14:55 水・土) → (06:45 木・日) ブロークン・ヒル (08:20) → (15:15) アデレード (18:30) → (19:10 金・月) カルグーリー (22:40) → (09:10 土・火) パース
  • パース (11:55 水・日) → (22:15) カルグーリー (01:40 木・月) → (07:30 金・火) アデレード (10:00) → (16:20) ブロークン・ヒル (18:15) → (10:15 土・水) シドニー

これ以外にも単線区間での行き違いのため、運転停車が設定されている。 なおシドニーは協定世界時(UTC)+10:00、ブロークン・ヒル、アデレードはUTC+09:30、カルグーリー、パースはUTC+08:00である。夏時間適用時にはUTCとの時差が1時間増す。

運賃[編集]

基本的に乗車ごとの打ち切り計算であるが、アデレードジ・オーバーランドザ・ガンに乗り換える場合の運賃が別に設定されている。大人・子供・学生・バックパッカー運賃の設定がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 櫻井寛 『今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅』 新潮社2009年、118頁。ISBN 978-4-10-138471-9

外部リンク[編集]