インターロッキングブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インターロッキングブロック舗装
目地には砂を使っているので、雨水がしみ込む

インターロッキングブロック(Interlocking Block)とは、舗装に用いるコンクリートブロックの一種。

概要[編集]

道路パブリックスペースなどの舗装に使われるブロックの一種。このブロックを使った舗装は、雨水が地面にしみ込みやすく、都市型水害地盤沈下を緩和する効果をもつ。インターロッキングブロック舗装技術協会では「エコロジカルな舗装材料」と謳っている。一方で、積雪寒冷地においてはロードヒーティングの敷設面で使用すると、ブロック内の空気が路盤からの熱を遮断するため、アスファルトコンクリート仕上げの路面に比べて、融雪が進みにくいという側面もある。また目地から雑草が生えやすく、メンテナンスが必要となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]