透水性舗装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
透水性舗装の実証実験の様子。上から掛けた水が、アスファルトの隙間を通って滴り落ちている

透水性舗装(とうすいせいほそう、permeable paving)は、道路路面に降った雨水を舗装内の隙間から地中へ還元する機能を持った舗装構造である。

本項目では、類似する性格を持つ機能性舗装である排水性舗装(はいすいせいほそう)についても記す。

概要[編集]

通常、舗装材料に用いられるアスファルトコンクリートはその耐久性の観点から空隙率が小さく密実な材料ほど良質とされていることもあり、基本的にはほとんど水を通さない。しかし、敢えて空隙を与え、水を通しやすい構造とすることで雨水を舗装面にためず、地下に浸透させることで水たまりをなくすことを目的としたものが透水性舗装である。

アスファルト舗装の場合、粘度の高い改質アスファルトを使用し、粗骨材の割合を高め空隙率を高めに設定する。これによりアスファルト合材が粟おこし状の多孔質構造となり、透水性を持たせることができる。合材アスファルト舗装以外では、インターロッキングブロック舗装も透水性を持つ。

排水性舗装は雨水を地下に浸透させることを目的とするが、この場合は路床や路盤も透水性を持つことが前提となるため、路盤に透水性の高い材料を用い、場合によっては路床と路盤の間に透水性を高めるためのフィルター層(砂など)を挟む必要がある。しかし透水性の高さと支持力が相反することから、一般的には車道には不向きである。このため、透水性舗装を表層のみに使い、基層を通常の(透水性のない)舗装材料として舗装内で雨水を舗装内に仕込んだ排水溝(または暗渠)へ処理する構造としている。これが排水性舗装である。

舗装表面が多孔質 (porus) であることが前提となるため、排水性舗装と透水性舗装を統合して「ポーラス舗装」(ポーラスアスファルト舗装、ポーラスコンクリート舗装)と表現することもある。

NEXCOでは、高速道路に用いた排水性舗装を高機能舗装I型と称している。

利点[編集]

  • 歩行者への水跳ねが減る。
  • 路面に雨水が滞留しないため、ハイドロプレーニング現象を防ぐことができる。
  • 雨水による光の乱反射が軽減され、夜間照明や前照灯による車線区分線等の視認性低下が緩和される。
  • 地下水として直下の地中に浸透させることで、排水路などの負荷を軽減することができる。
  • 空隙が大きく蓄熱性が小さいため、都心部のヒートアイランド現象の緩和に効果がある。
  • 空隙により走行音が分散されるため、騒音の軽減につながる(このため、排水性舗装は低騒音舗装でもある)。

欠点[編集]

  • 空隙内にが詰まることから数年で機能低下が起こる(このような機能低下の対策として、高圧洗浄とバキューム装置を備えた専用車両が開発されている)。
  • 大型車が走行をする道路では空隙がつぶれ、機能低下が生じる。このような現象は、走行車両の速度が遅いほど生じやすい。
  • 通常の舗装補修で用いられるパッチング(破損部分だけを補修する手法)では、空隙をつぶしてしまうため、補修時には全面的な舗装の打ち換えが必須となる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]