インターアイランド・エアウェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インターアイランド・エアウェイズ
Inter Island Airways
IATA
ICAO
コールサイン
Inter Island
設立 1993年8月
拠点空港 アメリカ領サモアの旗パゴパゴ国際空港
焦点空港 ファレオロ国際空港
オフ空港英語版
タウ空港英語版
保有機材数 4機
就航地 8都市
スローガン Navigators of the South Pacific
本拠地 アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモアタフナ英語版
外部リンク www.interislandair.com

インターアイランド・エアウェイズ英語: Inter Island Airways)は、アメリカ領サモアパゴパゴ国際空港ハブ空港としたコミューター航空会社である。(2012年3月現在)パゴパゴ国際空港を拠点にアメリカ領サモア各地の空港やサモア独立国の首都アピアまで国際線を運航している。

概要[編集]

インターアイランド・エアウェイズは1993年8月に設立され、1995年9月にパゴパゴ国際空港から、オフ島とタウ島に向けて旅客及び貨物の取扱いを開始した。設立当初の機材は9人乗りのエアロ・コマンダー英語版のみであったが、1998年4月には新たに19人乗りのドルニエ 228を導入した。

2003年9月にはサモア航空英語版が経営難に陥って運航を休止したため、同年の11月にインターアイランド・エアウェイズが旧サモア航空の路線を継承し、2005年6月には初の国際線として、パゴパゴ国際空港からサモア独立国のファレオロ国際空港への定期路線を開設した。

これと前後して、2005年2月ブリテン・ノーマン アイランダーBN2B-262006年12月にドルニエ 228-212を導入したインターアイランド・エアウェイズは、2011年に導入した30人乗りのドルニエ 328を活用して、国際線の拡充を図る予定である。当初の予定では2011年末までにトンガニウエフィジーウォリス・フツナ方面に路線を開設する予定であったが、(2012年3月)現在、これらの路線はまだ開設されていない。

就航都市[編集]

定期便[編集]

就航予定[編集]

保有機材[編集]

機種 機数 席数 備考
ドルニエ 328 1 30
ドルニエ 228 2 19
エアロ・コマンダー英語版 1 9
ブリテン・ノーマン アイランダーBN2B-26 1 9

出典[編集]