イボウミヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イボウミヘビ
ValakadynRooij.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門Vertebrata
: 有鱗目Perciformes [1]
: コブラ科[1]
学名
Enhydrina schistosa
和名
イボウミヘビ[1]
英名
Beaked sea snake[1]

イボウミヘビ(Enhydrina schistosa)は、有鱗目コブラ科ヘビ[1]

分布[編集]

セイシェルマダガスカルの南、南アジアの海(パキスタンインドバングラデシュ)、東南アジアミャンマー(旧ビルマ)、タイベトナム)のアラビア海ペルシャ湾オマーン沖)で発見されている。

オーストラリアノーザンテリトリーおよびクイーンズランド州)およびニューギニアからのヘビは、このヘビに関連していないことがDNA試験により示された、現在はEnhydrina zweifeliとして識別されている[2][3]

形態[編集]

濃い灰色をしている。側面と下部が白っぽい。頭と体の長さは1110mm。尾の長さは190mm[4]毒牙を持つ。その毒は、マムシの150倍の猛毒で死亡事故も毎年多い[1]、人の致死量は1.5 mgと推定されている[5]。ヘビによって引き起こされたすべての咬傷の 50%以上、そして毒物および死者数に大きく関係している[6]

生態[編集]

マングローブ林河口などに生息し、ナマズフグなどの魚類を食べる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 今泉忠明監修『危険生物大図鑑』、株式会社カンゼン、2014年、126頁
  2. ^ Ukuwela, K.D.B. et al. (online 2012): Molecular evidence that the deadliest sea snake Enhydrina schistosa (Elapidae: Hydrophiinae) consists of two convergent species. Molecular Phylogenetics and Evolution, doi:10.1016/j.ympev.2012.09.031
  3. ^ fox News, Deadliest sea snake splits in two, By Douglas Main,, December 11, 2012
  4. ^ Rooij, Nelly de 1917 Reptiles of the Indo-Australian archipelago. E J Brill
  5. ^ O'Shea, Mark (2005). Venomous Snakes of the World.. New Jersey, USA: Princeton U Press. ISBN 978-0-691-15023-9. http://toxipedia.org/display/toxipedia/Beaked+seasnake#Beakedseasnake-Reference. 
  6. ^ Valenta 2010, p. 153