イトコルトルミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イトコルトルミット
Ittoqqortoormiit (東グリーンランド語), Scoresbysund (デンマーク語), Illoqotormiut (西グリーンランド語)
イトコルトルミット
イトコルトルミットの位置(グリーンランド内)
イトコルトルミット
イトコルトルミット
グリーンランドに場所
座標: 北緯70度29分07秒 西経21度58分00秒 / 北緯70.48528度 西経21.96667度 / 70.48528; -21.96667
デンマークの旗 デンマーク王国
構成国 グリーンランドの旗 グリーンランド
自治体 Sermersooq
土台 1925
人口 (2013)
 - 計 452[1]
等時帯 UTC-1
Postal code 3980

イトコルトルミット (東グリーンランド語:Ittoqqortoormiit、西グリーンランド語:Illoqortormiut、Pronounced:発音: [itːoqːɔʁtɔːʁmiːt])は、東グリーンランドSermersooqの自治体。旧称はスコルズビスーン[2](Scoresbysund)。2013年の時点で人口は452人。[1]

旧称のスコルズビスーン(Scoresbysund)は北極探検家であり捕鯨者だったウィリアム・スコアズビー英語版に由来する。彼は1822年に最初にこの地域の地図を作製した。現在の名称"Ittoqqortoormiit"は東グリーンランド語方言で"Big-House Dwellers" を意味する。この地域はホッキョクグマジャコウウシ、鰭脚類などの野生動物で知られている。

地理[編集]

グリーンランド東部、グリーンランド海に注ぐスコルズビスーンフィヨルド英語版の北岸の河口近く、リバプールランド半島英語版の東南端に位置する。

歴史[編集]

イトコルトルミットの教会

アイナー・ミケルセンと80人のイヌイット入植者(タシーラクから70名と西部グリーンランドからの4家族)により1925年に開かれた。彼らはGustav Holmという船でやって来て、北東グリーンランドの既に知られていたイヌイットの集落から南に400キロメートル (249 mi)の所に入植した。(Eskimonæs at Dødemandsbugten on the south coast of Clavering Ø,27 km (17マイル) southwest of later Daneborg, 1823).

当時の宗主国デンマークの北東グリーンランドへの関心の高まりにより、入植が促進された。同時に、植民地化はタシーラクの悪化する生活条件を改善する狙いがあり、入植者達は多かれ少なかれ自発的に入植してきた。そこは鰭脚類セイウチイッカクホッキョクグマホッキョクギツネが豊富な地域であり、すぐに繁栄した。

しかしその前に、様々な廃墟や考古学遺物がその地域自身がこれまでイヌイットの密集地であったことを証明している。

交通[編集]

イトコルトルミットの家々

グリーンランドにおいて地理的に最も孤立した町のひとつである。エア・グリーンランドによりイトコルトルミット・ヘリポートネレーリット・インアー空港の間を乗客を運び、後者は1年に数カ月はボートでも行くことができる。南東グリーンランドのクルスクと同じく、エア・アイスランドから毎週レイキャヴィーク便が2便発着している。エア・グリーンランドはクルスクから残りの地域に迂回便を提供している。

経済[編集]

地元のハンターはクジラとホッキョクグマ狩りから生計を立てており、そしてそれは、現在に至るまで、この地域の重要な文化および経済である。肉や副産物は、ハンターの家族の経済に直接的な役割を果たす。これらの取引により、利益を得るが、季節によって変動し、不安定である。

エビカラスガレイが近くに大量に生息しているが、海氷の存在がこれらの乱獲を防ぎ、結果として釣りはあまり盛んでない。

一方、観光は重要性が高まっている。Uunarteq英語版の放棄された建物が夏の間コテージとして地元住民によって使用される。

国際関係[編集]

姉妹都市[編集]

人口[編集]

人口は過去20年間に変動し続け、2006年よりほぼ17%減少した。[4][5]

Ittoqqortoormiit population dynamics
Ittoqqortoormiit population growth dynamics, 1991-2010. 情報源: グリーンランド統計[4]

脚注[編集]