イタビラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタビラ
Itabira
イタビラの風景
イタビラの風景
イタビラの市旗 イタビラの市章
市旗 市章
位置
の位置図
座標 : 南緯19度37分 西経43度14分 / 南緯19.617度 西経43.233度 / -19.617; -43.233
歴史
建設 1848年
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地域 南東部
 州 ミナスジェライス州
 市 イタビラ
地理
面積  
  市域 1254,49 km2
標高 526 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 109.783人
公式ウェブサイト : www.itabira.mg.gov.br

イタビラ (Itabira) は、ブラジルミナスジェライス州の都市である。

概要[編集]

最初の居留地は、金を探していた探検家によりItabira do Mato Dentro村が創設された、18世紀初頭のものである。イタビラは、1848年10月9日、州法374に基づいて、政治的に解放された。 現在の人口は118,481人(2016年)で、州で24番目に大きな都市である。イタビラが位置する場所は、ミナスジェライス州およびブラジルにおいて、文化的、経済的に最も重要なエリアの1つであり、ブラジル人が構築してきた歴史において、重要な歴史的集積がある。 ベロオリゾンテから110km、サンパウロから697km、リオデジャネイロから545km、ブラジリアから845kmの距離に位置している。最も高い場所は、海抜1.672mである。 イタビラは、エリアの主要都市であり、1942年にジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス大統領によりリオドセが創設されて以来、鉄鉱石の採掘に起因する大気汚染に苦しめられている。今日では、世界で2番目に大きい鉱山会社であり、生産の大部分はイタビラ鉱山からのものである。 最も近い国際空港は、タンクレド・ネヴェス国際空港で、この空港はベロオリゾンテやミナスジェライス州の大部分をカバーしている。

出身者[編集]