イタコン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イタコン酸
Itaconic acid.png
IUPAC名2-メチリデンブタン二酸
別名メチレンコハク酸
メチレンスクシン酸
分子式C5H6O4
分子量130.099
CAS登録番号[97-65-4]
形状白色結晶粉末
SMILESOC(CC(C(O)=O)=C)=O

イタコン酸(イタコンさん、Itaconic acid)または、メチレンコハク酸(メチレンコハクさん、methylenesuccinic acid)は、クエン酸蒸留で得られる有機化合物である。形状は白色結晶粉末で、エタノールアセトンに可溶である。塩またはアニオンエステルの場合はイタコナート(Itaconate)と呼ぶ。クエン酸の蒸留では他にシトラコン酸メサコン酸の2種の物質が得られる。

イタコン酸の名称はアコニット酸の語句転綴から考案された。

関連項目[編集]