イシュトヴァーン・アンタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いアンタル・イシュトヴァーンと表記することもあります。

イシュトヴァーン・アンタル(István Antal, 1909年1月27日 - 1978年9月25日)は、ハンガリー出身のピアノ奏者[1]。兄ヤーノシュは詩人。

ブダペストに数学者のマールク・アンタルの息子として生まれる。1925年にウィーン音楽院に留学してピアノを学び、卒業後にベルリンに行ってレオニード・クロイツァーの薫陶を受けた。1937年に帰国してからはイシュトヴァーン・シュトラッサーとレオ・ヴェイネルに作曲と音楽理論を学んだ。1945年からハンガリー国立音楽高校のピアノ講師となり、1948年から亡くなるまでフランツ・リスト音楽院で後進の指導に当たった。1954年にフランツ・リスト賞を贈られ、翌年にはハンガリー政府から功労芸術家の称号を受けた。

ブダペストにて没。

脚注[編集]

  1. ^ http://lfze.hu/nagy-elodok/-/asset_publisher/HVHn5fqOrfp7/content/antal-istvan/10192;jsessionid=32595D610A19656B7A845D41C977080A