イガール・アミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イツハク・ラビン首相を暗殺した現場(イブン・ガビーロールストリート)

イガール・アミルヘブライ語: יגאל עמיר‎、: Yigal Amir1970年5月23日 - )は、イスラエルイツハク・ラビン首相(当時)の暗殺犯。

ヘルツリヤイエメン・ユダヤ人の家庭に生まれる。正統派ユダヤ教徒だった。ハレディームの小学校に通い、イェシヴァを経てイスラエル空軍に入った。バル・イラン大学法学コンピュータ科学を学ぶ傍ら、極右学生のサークルに入ってオスロ合意に抗議。

1995年11月4日にラビン首相を射殺し、現行犯逮捕された。ラビン首相死去の報に接すると、アミルはただ「満足」だと言った。

公判で、アミルはラビン首相殺害の理由について「神の律法によれば、ユダヤ人の土地を敵に渡してしまう者は殺すべきことになっている」と語った(なお、ユダヤ人がユダヤ人を殺すことは、ハラハーでは禁じられている)。のち終身刑が宣告され、アミルは現在アヴァロン刑務所で服役中であり、2004年8月に獄中でロシア移民女性のLarisa Trembovlerと結婚したことが話題になった。

外部リンク[編集]