オスロ合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暫定自治政府原則の宣言
Declaration of Principles on Interim Self-Government Arrangements
通称・略称 オスロ協定
Oslo Accords
اتفاقية أوسلو
הסכמי אוסלו
署名 1993年8月20日(ノルウェーの旗 ノルウェーオスロ
効力発生 1993年8月20日
主な内容 暫定自治政府の創設
条文リンク Israel-Palestine Liberation Organization Agreement
テンプレートを表示
調印後に握手をするイスラエル・ラビン首相とPLOアラファト議長。中央は仲介したビル・クリントン米大統領

オスロ合意(オスロごうい、英語: Oslo Accordsアラビア語: اتفاقية أوسلو‎、ヘブライ語: הסכמי אוסלו‎)は、1993年にイスラエルパレスチナ解放機構(PLO)の間で同意された一連の協定。正式には「暫定自治政府原則の宣言(ざんていじちせいふげんそくのせんげん、英語: Declaration of Principles on Interim Self-Government Arrangements」と呼称されている。

概要[編集]

主に以下の二点が合意内容とされている。

  1. イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として相互に承認する。
  2. イスラエルが入植した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。その5年の間に今後の詳細を協議する。

オスロ合意および後の協定で明文化されたイスラエルとアラブ国家の関係正常化の期待は未だ解決されていない。

2006年7月の、イスラエルによるガザ地区レバノンへの侵攻により、事実上崩壊したとアラブ連盟では見做されている。

対話から合意に至るまでの間、両者との関係が良好なノルウェー政府がこの成立に尽力した。ホルスト外相ら、政府関係者による交渉は、オスロあるいはその周辺で行われ、1993年8月20日の合意に至るまで内密に行われていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]