イエメン・ユダヤ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「イエメン・ユダヤ人」

Star of David Menorah
Jewish Yemenite bride.jpg
イエメン・ユダヤ人の婚礼衣装(1958年)
(400,000 (est.))
居住地域
イスラエルの旗 イスラエル 200,000
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 30,000
イギリスの旗 イギリス 5,000
イエメンの旗 イエメン 150
言語
ヘブライ語アラビア語英語
宗教
ユダヤ教


イエメン・ユダヤ人イエメンに住む、或いは比較的最近までイエメンに住んでいたユダヤ人またはその子孫をさす言葉。1949年6月から1950年9月にイスラエルによって秘密裏に実施された魔法の絨毯作戦で、事実上、ほとんどのイエメンのユダヤ人(ユダヤ教徒)は国を離れ、現在はイスラエル(少数はアメリカ合衆国)に住んでいる。

イエメン・ユダヤ人は独特のユダヤ教の教えを伝統的に保持しており、アシュケナジムセファルディムからは明確に区別される。イエメン・ユダヤ人がミズラヒムに含まれるかどうかは議論の余地のあるところで、多くの他のミズラヒムの集団が大なり小なりセファルディムのユダヤ教に同化しているからである。

歴史[ソースを編集]

ソロモンの時代にアラビア半島の先端に移住したユダヤ人がいたとされる。ソロモンはエルサレム神殿建立のために内装に使う金銀を探しにイエメンにユダヤ人の商船を派遣したとも伝えられる。[1] 或いは、シバの女王の求めに応じてユダヤ人の職人がイエメンに赴いた、ともいう。ベタ・イスラエルも同じような伝説を持ち、シバの女王とソロモンの結婚というストーリーに自らの起源を求めている。当時、シバ王国エチオピアとイエメンにまたがる王国であった。イエメン・ユダヤ人は第一神殿の失われる42年前に彼らの祖先がイエメンに移住した、という伝説を持っている。エレミヤのもとで75,000人のユダヤ人がイエメンに向った、という。[2] イエメン南部・シャブワ県のイエメン・ユダヤ人は、彼らが第二神殿が失われる前に移住したユダヤ人の子孫である、と伝承している。彼らはヘロデ大王が派遣した軍の兵士だったのかも知れないと推定される。[3] エズラがユダヤ人にエルサレムに帰還するよう命じたときに、それに従わなかった者たちだった、という伝承もある。怒ったエズラは彼らを罰した。あまりの性急な報復のために、エズラは嫌われイスラエルの地に彼の墓を作ることは許されなかった、とも言う。イエメン・ユダヤ人の間ではエズラという名前だけは子供につける親は全くいない、という。エズラはイエメンのユダヤ人が常に飢え苦しむように呪った、と彼らの伝承にはある。

ユダヤ人のイエメンへの大規模な移住は2世紀に始まったと考えられている。

参照[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Jewish Communities in Exotic Places," by Ken Blady, Jason Aronson Inc., 2000, pages 7
  2. ^ A Journey to Yemen and Its Jews," by Shalom Seri and Naftali Ben-David, Eeleh BeTamar publishing, 1991, page 43
  3. ^ Jewish Communities in Exotic Places," by Ken Blady, Jason Aronson Inc., 2000, pages 32