アーサー・パーシバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・パーシバル

アーサー・アーネスト・パーシバル(Arthur Ernest Percival、1887年12月26日 - 1966年1月31日)は、イギリス陸軍軍人。陸軍中将

経歴[編集]

士官学校などのような軍人養成学校の出身ではなく、一兵卒から叩き上げて将軍になった人物である。第一次世界大戦には当初、兵士として従軍していたが、1916年のソンムの戦いの際に初級幹部である少尉に任官した。翌年の1917年には、29歳の若さで大隊長(佐官クラス)となる。すぐ後には旅団指揮を任されるにいたった。戦後はアイルランドにおける騒擾の鎮圧で頭角をあらわす。サンドハースト、ロシアナイジェリアなどに駐在し、1936年、英領マレーに勤務。

1939年、フランス派遣軍の参謀長に就任。第43師団長として1940年5月ダイナモ作戦に参加し、帰国後は第44師団長として英国本土の沿岸防備に専念。1941年4月イギリス極東軍(マレー軍)司令官。パーシヴァルはマレー駐屯軍の6個師団への増強と航空支援を要求したが、配下にあったのは訓練不十分な2個師団半のみであった。1942年2月にシンガポールが陥落、山下奉文率いる日本軍に13万の残存兵と共に降伏、これは英国史上最大規模の降伏だった。初めての軍司令官勤務で、初めて敗戦を経験した後、捕虜となり、台湾満州で抑留される。

1945年9月東京湾上の戦艦ミズーリ号での降伏文書調印式に出席した後、退役し、1949年に回顧録を著わした他は余生を本国で静かに暮らした。

1966年、ロンドンで死去。享年78歳。

書籍[編集]

  • John George Smyth: Percival and the tragedy of Singapore. MacDonald and Company, 1971