アンリ・ルシャトリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・ルシャトリエ

アンリ・ル・シャトリエHenry Louis le Chatelier, 1850年10月8日 - 1936年9月17日)はフランス化学者である。1884年化学平衡に関するルシャトリエの原理を提出した。

生涯[編集]

パリでエンジニアの父の元に生まれ、エコール・ポリテクニーク国立鉱山学校で学んだ。1878年からコレージュ・ド・フランスソルボンヌ大学の無機化学の教授を務めた。主に工業化学(応用化学)の分野で貢献した。

ル・シャトリエの原理[編集]

ル・シャトリエの原理(ルシャトリエ-ブラウンの原理、平衡移動の原理とも呼ばれる)は化学平衡に関する経験則で「平衡状態にある物質系が外部の作用によって変化をうけるとき、その変化は外部の作用に反抗する結果になるような方向におこる。」ということである。平衡状態にある物質系に対して外部から濃度、圧力、温度などを変化させるとその変化を小さくさせる方向に平衡は移動する。