アンリ・ファンタン=ラトゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンリ・ファンタン=ラトゥール
Henri Fantin-Latour
Henri Fantin-Latour 001.jpg
生誕1836年1月14日
フランス,グルノーブル
死没1904年8月25日
フランス,Buré (Orne)
ファンタン=ラトゥール作「ドラクロワへのオマージュ」(1864年
ファンタン=ラトゥールと親交のあった画家が描かれている。前列左よりデュランティ、ファンタン=ラトゥール、ホイッスラー、シャンフルーリ、ボードレール、後列左よりコルディエール、ルグロマネ、ブラックモン、バルロワ

アンリ・ジャン・テオドール・ファンタン=ラトゥールHenri Jean Théodore Fantin-Latour, 1836年1月14日 - 1904年8月25日)は、フランス画家リトグラフ版画家

生涯[編集]

ファンタン=ラトゥールはフランス、イゼール県グルノーブルに生まれた。父親のテオドール・ファンタン=ラトゥール(Théodore Fantin-Latour:1805-1875)も画家であった。父親やオラース・ルコック・ド・ボワボードランに学んだ後、1854年からパリエコール・デ・ボザールで学んだ。パリの美術館で名画を模写して修行し、同世代のエドガー・ドガエドゥアール・マネベルト・モリゾと知り合った。1859年にジェームズ・マクニール・ホイッスラーに招かれて、イギリスに旅しイギリスの画家たちとも知り合いを得た。1959年にギュスターヴ・クールベとも知り合い、2年後クールベのスタジオで働いた。1863年の「落選展」に作品を出展した画家の一人となった。

1862年にマネ、アルフォンス・ルグロ、ホイッスラー、ヨハン・ヨンキントフェリックス・ブラックモンらとエッチング版画家協会(Société des Aquafortistes)を設立した。

1864年に、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの展覧会に出展した。イギリスではファンタン・ラトゥールの花を描いた作品は人気を得た。

印象派の画家と同世代であり、親しかったが、写実主義のスタイルで描いた。

1876年、画家仲間だったヴィクトリア・デュブールと結婚。以後、夏になるとオルヌ県ビュレ(Buré)にあった妻の家族の田舎の邸宅で過ごし、その場所でファンタン=ラトゥールは亡くなった。遺体はパリのモンパルナス墓地に埋葬された。

作品[編集]

ファンタン=ラトゥールの作品でよく知られているのは、静物画、花の絵、友人の画家・作家たちのグループ肖像画、クラシックの大作曲家たちの作品を描いた精巧なリトグラフ [1]などである。

ファンタン=ラトゥールをイギリスに紹介したのは、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーだった。

ファンタン=ラトゥールの絵の1つは現在250万USドルする。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロベルト・シューマンの同名の曲を描いた『楽園とペリ』(1884年THE CLIEVELAND MUSEUM OF ART