ヨハン・ヨンキント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ヨンキント
Johan Jongkind
本名 Johan Barthold Jongkind
生誕 1819年6月3日
オランダの旗 オランダ オーファーアイセル州ラートロープ
死去 1891年2月29日(71歳)
フランスの旗 フランス イゼール県 ラ・コート=サン=タンドレ
国籍 オランダの旗 オランダ
分野 絵画、版画
テンプレートを表示

ヨハン・バルトルト・ヨンキントJohan Barthold Jongkind, 1819年6月3日 - 1891年2月9日)は、オランダ画家、版画家。クロード・モネに影響を及ぼした印象主義の先駆者とみなされる。

生涯[編集]

ヨンキントは、オランダとドイツの国境近くのオーファーアイセル州ラートロープで生まれた。彼はハーグの芸術アカデミーで学び、1846年にパリモンマルトル地区に移り住み、ユージーン・イサベイとフランソワ=エドゥアルト・ピコットに師事した。

2年後、パリ・サロンは展示会に彼の作品を受け付けた。彼はシャルル・ボードレールエミール・ゾラから称賛を浴びた。しかしながらアルコール依存症うつ病から彼の評価は上下した。

ヨンキントは1855年にロッテルダムに帰り、1860年まで同所で暮らした。1861年にパリに戻り、モンパルナスのrue de Chevreuseでスタジオを借り、印象主義の先駆けとも言える作品を創り出した。

1862年にはクロード・モネを助け、モネは後にヨンキントを「師匠」と呼んだ。翌年ヨンキントは第一回落選展に出品した。いくつかの成功にもかかわらず、ヨンキントの不振の期間の作品を理由に、印象派のグループは1874年の最初の展示会に彼の作品を受理しなかった。

1878年、彼は妻の画家ヨセフィン・フェッサーと共にフランス南東のグルノーブルに近いラ・コート=サン=タンドレ英語版に移り住み、1891年に同所で死去した。彼は同地の墓地に埋葬された。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]