アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ
Ambrose Mandvulo Dlamini
Ambrose Mandvulo Dlamini (cropped) (2).jpg
生年月日 (1968-03-05) 1968年3月5日
出生地 ムベケルウェニ
没年月日 (2020-12-13) 2020年12月13日(52歳没)
死没地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
出身校 スワジランド大学
ハンプトン大学
所属政党 無所属

在任期間 2018年10月29日 - 2020年12月13日
国王 ムスワティ3世
テンプレートを表示

アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ[1](Ambrose Mandvulo Dlamini、1968年3月5日[2] - 2020年12月13日)は、エスワティニ政治家実業家。同国首相を2018年から2020年まで務めた。首相就任前は南アフリカ共和国の大手携帯電話会社MTNグループのエスワティニ事業を統括していた[3][4]。Ambrose という名は本来は英語で「アンブローズ」と読むため、氏名はアンブローズ・ドラミニとも表記される[3]

経歴[編集]

ムベケルウェニ(Mbekelweni)出身[2]。1987年にマンジニにあるサレジオ高校(Salesian High School)を卒業後、スワジランド大学にて商学を修め、米国バージニア州ハンプトンにあるハンプトン大学英語版より経営学修士(MBA)の学位を授与された[2][5]

スタンダード銀行英語版などでコンサルタントとして働いた後、2003年から2010年までネドバンク英語版のマネージング・ディレクター(MD)、2010年から2018年までエスワティニMTN(スワジMTN)の最高経営責任者(CEO)を務めた[2][5]

首相[編集]

2019年10月8日、中華民国総統府にて蔡英文総統と会見するドラミニ首相

2018年9月、長く首相を務めていたバーナバス・シブシソ・ドラミニが退任し、同月に死去した。10月27日、国王ムスワティ3世はアンブロセ・マンドゥロ・ドラミニを新首相にすると発表し[5]、10月29日に宣誓式が行われた[3]。11月に18名(男12、女6)から成る第11代内閣が発足し、副首相テンバ・マスク英語版外務・国際協力大臣トゥリ・ドラドラ英語版、情報・通信・技術大臣には国王の娘であるシカニソ王女英語版が就任した[6]

2019年8月、第7回アフリカ開発会議(TICAD VII)参加のため日本を訪問し、内閣総理大臣安倍晋三と会談した[1]

2020年11月に新型コロナウイルス検査で陽性となり、12月1日に南アフリカ共和国の病院に入院[7]。12月13日、入院先で首相在任中のまま52歳で死去[8][9]

家族[編集]

妻ポーシャ(Portia)との間に3人の子(Nosipho, Mihla, Tanele)が誕生している[2][5]。エスワティニ(スワジランド)の歴代首相はいずれも王家であるドラミニ家英語版の者から選ばれている[10]。祖父のマゴンゴ王子(別名マコンバネ)はかつての国王ドラミニ4世英語版(別名ムバンゼニ、在位1875-1889年)の子孫である[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 日・エスワティニ首脳会談”. 外務省 (2019年8月31日). 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e AMBROSE DLAMINI IS PRIME MINISTER”. Eswatini Observer (2018年10月28日). 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c エスワティニ、実業家が新首相に就任”. EMB BUSINESS WEEKLY 中東・アフリカ (2018年10月31日). 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ Ambrose Mandvulo Dlamini as the new Prime Minister of the Kingdom of Eswatini.”. エスワティニ王国政府. 2020年5月10日閲覧。
  5. ^ a b c d AMBROSE VS BARNABAS”. Times of Swaziland (2018年10月28日). 2020年5月10日閲覧。
  6. ^ eSwantini appoints King Mswati's daughter as ICT Minister”. Africanews (2018年11月4日). 2020年5月10日閲覧。
  7. ^ “Eswatini’s Ambrose Dlamini dies after contracting COVID-19”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2020年12月14日). https://www.aljazeera.com/news/2020/12/14/eswatinis-ambrose-dlamini-dies-after-contracting-covid-19 2020年12月14日閲覧。 
  8. ^ “Eswatini's prime minister, who tested positive for COVID-19, dies”. ロイター. (2020年12月14日). https://uk.reuters.com/article/us-health-coronavirus-eswatini/eswatinis-prime-minister-who-tested-positive-for-covid-19-dies-idUSKBN28N0VJ 2020年12月14日閲覧。 
  9. ^ コロナ感染のエスワティニ首相、南アの病院で死去”. ロイター (2020年12月14日). 2020年12月16日閲覧。
  10. ^ a b APPOINTED PM AMBROSE DLAMINI OF ROYAL DESCENT”. Eswatini Observer (2018年10月28日). 2020年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヴィンセント・ムシャンガ英語版
(代行)
エスワティニの旗 エスワティニ王国首相
第11代:2018 - 2020
次代:
テンバ・マスク英語版
(代行)