アンドレ・パッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Andre pachon 0389.jpg

アンドレ・パッション (André Pachon, 1944年11月22日 - ) は、ラングドック地方出身、代官山レストラン・パッションのオーナーシェフ

来歴[編集]

1944年11月22日南仏モンペリエ生まれ。カルカソンヌで育ち、1960年には“カスレの王様”と当時呼ばれていたマルセル・エメリックのもとで修行をスタート。フランス国内レストランを経て1968年にカナダへ渡航し、モントリオール「ホテル・モン・ガブリエル」スーシェフをつとめる。1970年大阪万国博覧会にて「レストラン・デュ・カナダ」のシェフとして来日。その後、名店「イル・ド・フランス」のシェフをつとめ、1984年には代官山「レストラン・パッション」を開店。以降、オーナーシェフとして数々のレストランをオープン。日本におけるフレンチレストランの草分けとなる。

1995年にアカデミー・ユニヴェルセル・ド・カスレ日本支部を設立し、郷土料理「カスレ」の振興につとめる。2月・3月にはカスレ・ディナーが行われ毎年延べ700人ほどの参加者が会を楽しむ。

彼の実績が評価されフランス共和国より国家功労勲章、2013年にはフランス共和国 オランド大統領が来日した際、農事功労賞最高位コマンドール勲章を授与される。また、同年フランス共和国最高勲章レジオンドヌール勲章も授与される[1]

略歴[編集]

  • 1944年11月22日 - モンペリエ生まれ
  • 1960年 - ロジ・ド・トランカヴェルで修業 (マルセル・エメリックに師事)
  • 1965年 - レストラン・ラ・レゼルヴの担当チーフ (ボルドー、ピュサック)
  • 1968年 - オテル・モン・ガブリエルの副シェフ (カナダ、モントリオール)
  • 1970年 - レストラン・デュ・カナダのシェフ (大阪万国博覧会)
  • 1971年 - レストラン・ル・ラングドックのシェフ (京都)
  • 1971年 - レストラン・イル・ド・フランスのシェフ (東京)
  • 1978年 - レストラン・イル・ド・フランスのオーナーシェフ (東京)
  • 1984年 - レストラン・パッションのオーナーシェフ (東京)
  • 1992年 - レストランの姉妹店ビストロパッション、軽井沢にオープン
  • 1998年 - レストラン ル・プティ・ブドンのオーナー (東京)
  • 2003年 - ル・ビストロ・パッション代官山のオーナー (東京)
  • 2010年 - ミシュランガイド東京2010にて一つ星を獲得
  • 2012年 - ル・コントワール・オクシタンのオーナー (東京)

受賞[編集]

  • メートル・キュイジニエ・ド・フランス
  • アカデミー・キュリネール・ド・フランス
  • メートル・カナルディエ
  • クラブ・プロスペール・モンターニュのオフィシエ
  • アカデミー・ユニヴェルセル・デュ・カスレの創設者
  • アミカル・デ・キュイジニエ・エ・パティシエ・オ・ジャポン名誉会長
  • 日本フランス農事功労章受章者協会副会長
  • 東京都食生活文化 銀賞
  • フランス共和国農事功労章コマンドール章
  • フランス共和国国家功労章受章
  • フランス共和国レジオン・ドヌール章受章

店舗・事業[編集]

  • レストラン・パッション
  • ル・プティ・ブドン
  • ル・コントワール・オクシタン
  • ケータリング・パッション
  • バンケット・パッション
  • ウエディング事業

脚注[編集]

  1. ^ Pachon dans la Légion(フランス語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]