カルカソンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Carcassonne
Blason Carcassonne 11.svg

Carcassonne JPG01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) オード県
(arrondissement) カルカソンヌ郡
小郡 (canton) 4
INSEEコード 11069
郵便番号 11000
市長任期 ジェラール・ララ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Carcassonne Agglo
人口動態
人口 47 068人
2012年
人口密度 723人/km2
住民の呼称 Carcassonnais
地理
座標 北緯43度12分47秒 東経2度21分07秒 / 北緯43.21306度 東経2.352028度 / 43.21306; 2.352028座標: 北緯43度12分47秒 東経2度21分07秒 / 北緯43.21306度 東経2.352028度 / 43.21306; 2.352028
標高 平均:111m
最低:81m
最高:250 m
面積 65,08km2 (6508ha)
Carcassonneの位置(フランス内)
Carcassonne
Carcassonne
公式サイト http://www.carcassonne.org/
テンプレートを表示

カルカソンヌ (Carcassonne) は、フランス南部のオクシタニー地域圏ラングドック地方に属するオード県県庁所在地である。カルカッソンヌとも表記する[1]

古代ローマ時代には要塞に囲まれた都市機能の基盤が形成され、中世にはさらに外側にもう一重の要塞が建設されて、この二重の防備が施された丘の上の城塞都市であるシテ(cité, またはville haute)を核として、オード川をはさんで展開した下街(ville basse)との二層の区域が合わさって発展した都市である。

シテを覆う城塞は19世紀に建築家ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクにより修復されており、シテは「歴史的城塞都市カルカソンヌ」の名で1997年ユネスコ世界遺産に登録された。

街の名前カルカソンヌは、カール大帝がこの都市の攻略をあきらめ退散するときに、当時街を治めていたカルカス (Carcas) が勝利の鐘を鳴らした (sonner) ことに由来するという伝説がある。またこのときに篭城した市民が家庭に残っていた食材である豆、雑穀、豚や腸詰や鴨などの鳥獣肉を持ち寄りまとめて大鍋に入れ煮込んだものがカルカソンヌの名を冠したカスールという鍋料理:カスレのルーツになったと言われている。

人口統計[編集]

人口
1962年 40897人
1968年 43616人
1975年 42154人
1982年 41153人
1990年 43470人
1999年 43950人
2008年 47634人
2013年 46724人

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

スポーツ[編集]

他の南部フランス地域と同様、ラグビーが盛んである。

  • USカルカソンヌ - 1925年創立のラグビークラブ。現在は2部リーグに所属している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]