アンドレ・ド・トス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレ・ド・トス
André De Toth
生年月日 (1913-05-15) 1913年5月15日
没年月日 (2002-10-27) 2002年10月27日(89歳没)
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 マコ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州バーバンク
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 ヴェロニカ・レイク(1944年 - 1952年)[1]
テンプレートを表示

アンドレ・ド・トス(André De Toth、1913年5月15日 - 2002年10月27日)は、ハンガリー出身の映画監督。『肉の蝋人形』を手がけたことで知られている[2]

経歴[編集]

1913年5月15日、ハンガリーのマコに生まれる[1]ブダペスト大学にて法律を学んだ[1]。ハンガリーで5本の映画を監督したのち、イングランドへ渡る[3]。1942年、ハリウッドへ移り住む[4]

1947年、ジョエル・マクリー主演の西部劇『復讐の二連銃』を監督する[3]。1948年、ディック・パウエル主演のフィルム・ノワール『落とし穴』を監督する[3]。1951年、『拳銃王』で第23回アカデミー賞原案賞にノミネートされる[5]。1953年、ヴィンセント・プライス主演の3Dホラー映画『肉の蝋人形』を監督する[6]

テレビドラマを手がけたのち、イタリアにて『海賊の王者』『蒙古の嵐』『シーザーの黄金』を監督する[1]。1973年、第四次中東戦争直後のエジプトにてロケーション・ハンティングの最中、モーシェ・ダヤンと間違われて誘拐されるが、無事に解放される[7]。1990年、ホラー映画『スポンティニアス・コンバッション/人体自然発火』に出演する[8]。1994年、回顧録『Fragments: Portraits from the Inside』が刊行される[1]

2002年10月27日、カリフォルニア州バーバンクにて動脈瘤により死去[9]。89歳没[9]。生涯に7度の結婚を経験し、19人の子供をもうけた[3]

フィルモグラフィー[編集]

特記なき作品は監督のみを担当。

映画[編集]

  • 黒い河 Dark Waters (1944年)
  • 復讐の二連銃 Ramrod (1947年)
  • いのち短かし The Other Love (1947年)
  • 落とし穴 Pitfall (1948年)
  • 拳銃王 The Gunfighter (1950年) - 原作
  • 馬上の男 Man in the Saddle (1951年)
  • 西部のガンベルト Carson City (1952年)
  • スプリングフィールド銃 Springfield Rifle (1952年)
  • 廃墟の守備隊 Last of the Comanches (1953年)
  • 叛逆の用心棒 The Stranger Wore a Gun (1953年)
  • 平原の落雷 Thunder Over the Plains (1953年)
  • 肉の蝋人形 House of Wax (1953年)
  • タンガニイカ Tanganyika (1954年)
  • 賞金を追う男 The Bounty Hunter (1954年)
  • 勇者の汚名 Riding Shotgun (1954年)
  • 土曜日正午に襲え Crime Wave (1954年)
  • 赤い砦 The Indian Fighter (1955年)
  • 栄光の果てに Monkey on My Back (1957年)
  • 殺人者の影を追え Hidden Fear (1957年) - 監督・脚本
  • 無法の拳銃 Day of the Outlaw (1959年)
  • FBIモスクワに潜入せよ Man on a String (1960年)
  • 海賊の王者 Morgan il pirata (1960年) - 監督・脚本
  • 蒙古の嵐 I mongoli (1961年)
  • シーザーの黄金 Oro per i Cesari (1963年)
  • 10億ドルの頭脳 Billion Dollar Brain (1967年) - 製作
  • 大侵略 Play Dirty (1969年)
  • エル・コンドル El Condor (1970年) - 製作
  • スポンティニアス・コンバッション/人体自然発火 Spontaneous Combustion (1990年) - 出演

テレビドラマ[編集]

  • 遙かなる西部 The Westerner (1960年)

著書[編集]

  • Fragments: Portraits from the Inside (1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e McCarthy, Todd (2002年10月28日). “‘House of Wax’ helmer Toth dies”. Variety. 2015年10月15日閲覧。
  2. ^ Lyman, Rick (2002年11月1日). “Andre De Toth, the Director Of Noted 3-D Film, Is Dead”. The New York Times. 2015年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c d Bergan, Ronald (2002年10月31日). “André de Toth”. The Guardian. 2015年10月15日閲覧。
  4. ^ Oliver, Myrna (2002年10月30日). “Andre de Toth; Director's Director Known for 3-D 'House of Wax' (1/2)”. Los Angeles Times. 2015年10月15日閲覧。
  5. ^ The 23rd Academy Awards - 1951”. Oscars.org. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2015年10月15日閲覧。
  6. ^ Kehr, Dave (2013年10月6日). “Terror That Melts From the Screen: Vincent Price in ‘House of Wax,’ Now in a 3-D Blu-ray”. The New York Times. 2015年10月15日閲覧。
  7. ^ Jackson, Kevin (2011年9月18日). “Making movies the Toth way: Even by the standards of Hollywood, the director Andre de Toth has led an extraordinary life.”. The Independent. 2015年10月15日閲覧。
  8. ^ Andre De Toth”. The Scotsman (2002年11月7日). 2016年5月20日閲覧。
  9. ^ a b Bernstein, Adam (2002年11月1日). “Andre de Toth Dies”. The Washington Post. 2015年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]