アンドレイ・シャポヴァリヤンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレイ・シャポヴァリヤンツ
Андрей Георгиевич Шаповальянц
Vladimir Putin 13 March 2000-1.jpg
ドイツの実業家、銀行家と会談するアンドレイ・シャポヴァリヤンツ(左)、イーゴリ・イワノフ外相(中央)、ウラジーミル・プーチン大統領代行(右、2000年3月13日撮影)
生年月日 (1952-02-23) 1952年2月23日(67歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 プレハーノフ名称モスクワ国民経済大学財政学部、同大学院
前職 ゴスプラン官僚、ロシア共和国第一経済財政次官、ロシア連邦第一経済次官、ロシア連邦経済相
称号 経済学博士候補

内閣 第1次ウラジーミル・プーチン内閣
在任期間 1998年9月25日 - 2000年5月18日
テンプレートを表示

アンドレイ・レオニードヴィチ・シャポヴァリヤンツシャポワリヤンツ[1]ロシア語: Андрей Георгиевич Шаповальянц、ラテン文字表記の例:Andrey Georgiyevich Shapoval'yants1952年2月23日 - )は、ロシア政治家1998年から2000年までロシア連邦経済相[2]。経済学博士候補。

来歴[編集]

1952年2月23日モスクワに生まれる。

1974年プレハーノフ名称モスクワ国民経済大学財政学部を卒業する。1984年、プレハーノフ名称国民経済大学大学院を修了。この間、1969年から1971年まで「エレクトロニカ」(Электроника)研究所、1971年から1982年までソ連国家計画委員会(ゴスプラン)メインコンピューターセンターにそれぞれ勤務した。1982年から1990年にかけ、ゴスプランで財務複合価格部の副部長、部長職を歴任する。1991年、ソ連経済予測省財務信用政策(財政金融政策)局長。1991年から1992年まで、ロシア共和国経済・財政省第一次官。1993年3月から4月ロシア連邦経済相代行。1993年3月からはロシア連邦大統領付属ロシア連邦人民(国民)特別文化遺産専門家評議会の委員。1993年4月、ロシア連邦第一経済次官兼ロシア企業家精神支援・競争開発基金監督委員会議長。

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) ロシア政治家エリート”. 北海道大学スラブ研究センター. 2014年2月16日閲覧。
  2. ^ (ロシア語) Шаповальянц, Андрей Георгиевич(アンドレイ・レオニードヴィチ・シャポヴァリヤンツ、経歴)”. 2014年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ヤーコフ・ウリンソン
(副首相兼経済相)
ロシア経済相
1998年 - 2000年
次代:
ゲルマン・グレフ
(経済開発貿易相)