アントニオ・マリア・クラレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖アントニオ・マリア・クラレ
San Antonio María Claret (Museo Nacional del Romanticismo de Madrid).jpg
司教、宣教師
生誕 1807年12月23日
スペインの旗 スペイン王国 カタルーニャ サレント
死没 1870年10月24日
フランスの旗 フランス
列聖日 1950年
列聖決定者 ピウス12世
記念日 10月24日
テンプレートを表示

アントニオ・マリア・クラレ(Antonio María Claret, 1807年12月23日 - 1870年10月24日)は、スペインカトリック教会司祭司教聖人聖クラレチアン宣教会創立者。記念日は10月24日。

生涯[編集]

クラレはカタルーニャ地方サレントの織物産業の家族の一員として生を受け、5歳の頃、永遠の来世について苦しみ痛感した。その頃から司祭への志があったが、家族の承認を得られず家業に従事し、技術習得のためバルセロナに行った。22歳の時、周囲から期待された将来を放棄し、カルトジオ会修道士になることを決めたが、健康上の理由により断念、教区の神学校に入学した。1835年に司祭叙階され、1839年にイエズス会に入会するも退会、教区司祭としてカタルーニャ地方、カナリア諸島の教会を巡り信者を司牧した。クラレが叙階された当時、19世紀のスペインは、ナポレオンによる侵攻、たび重なる内戦で荒廃していたが、彼はそれを厭わなかった。

1849年、同僚司祭と共に宣教会をビックにて結成、「クラレチアン宣教会」の元となる。同年、キューバの大司教に任命される。クラレは当初は断ったが受け入れ、翌1850年に司教叙階を受けてキューバに発った。1855年に「汚れなき聖母のクラレチアン修道女会」を創立、現地での司牧に当たった。

1857年、スペイン女王イサベル2世の聴罪司祭として帰国、宮廷での霊的指導者となる。

1867年、政変によりクラレは女王一家、宮廷関係者と共にフランスへ亡命、2度と故郷に帰ることがなかった。1869年、第1バチカン公会議出席のため、ローマに赴くが体調が悪化、1870年、帰天(死去)した。

1950年、ローマ教皇ピウス12世により列聖された。

出典[編集]

  • 『クラレット 村から村へ』ビセンテ・マテウ著、端史江訳、新世社 1989年
  • 『改定新版 ミサの前に読む聖人伝』バリヌエボ著、サンパウロ 2013年