アンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンタール』(: Антар[1]作品9は、ニコライ・リムスキー=コルサコフが1868年に作曲した管弦楽作品である。当初は交響曲第2番嬰ヘ短調『アンタール』として作曲されていた。その後1875年と1897年に2度の改訂を行っているが、第3版(1897年)で交響曲でなく交響組曲とされた。曲の内容が標題的で、多楽章形式の交響詩に近いからだと考えられる。今日演奏されるのは第3版であるが、「交響組曲」としてよりも「交響曲第2番」として扱われることが多い。1875年版が出版されたのは翌年(ベッセル社)だったが、1897年版は作曲者の死後に出版されている。

曲は4つの楽章からなり、6世紀アラビアの詩人アンタール(アンタラ・イブン・シャッダード英語版)の見る夢と、彼が夢の中で実現を約束される3つの願望を表している。『シェヘラザード』同様、リムスキー=コルサコフ好みの東洋趣味あふれた作品である。また、中東の民謡などが実際に曲中で主題として使われている。

初演[編集]

1876年にサンクトペテルブルクにて初演(第2版)

楽器編成[編集]

以下の編成は第3版にもとづく。

フルート3、ピッコロ(第3フルートの持ち替え)、オーボエ2、イングリッシュホルン(第2オーボエの持ち替え)、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン2、バストロンボーンチューバティンパニ(3台)、トライアングルタンバリン大太鼓シンバルタムタムハープ弦五部(第1ヴァイオリン(16人、ソリあり)、第2ヴァイオリン(14人、ソリあり)、ヴィオラ(12人)、チェロ(10人、ソリあり)、コントラバス(8人))

標題のあらすじ[編集]

現世をはかなんでパルミラの廃墟に隠遁していたアンタール。彼はある日、一頭のカモシカを襲う巨大な鳥を槍を投げつけて追い払う。カモシカの正体はパルミラの妖精の女王ギュル・ナザールであった。彼は夢の中で女王の宮殿に招待されて、彼女から礼として「人生の3つの喜び」を贈ると約束される。

構成[編集]

第1楽章「アンタールの夢」
Largo(廃墟の描写、アンタールの主題) - Allegro(女王の主題、鳥の攻撃と撃退) - Largo - Allegretto(宮殿の描写) - Adagio(女王とアンタールの会話) - Allegretto(宮殿の描写) - Largo
第2楽章「復讐の喜び」
Allegro - Molto allegro - Allegro - Molto allegro
第3楽章「権力の喜び」
Allegro risoluto alla marcia
第4楽章「愛の喜び」
Allegretto vivace - Andante amoroso (再び人生に疲れ果てたアンタールは、女王との愛の喜びの中で死んでいく)

脚注[編集]