アレクセイ・ゴロホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アレクセイ・ニコラエヴィチ・ゴロホフ
生誕 (1927-02-11) 1927年2月11日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
死没 (1999-02-03) 1999年2月3日(71歳没)
 ウクライナキエフ
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

アレクセイ・ニコラエヴィチ・ゴロホフロシア語: Алексей Николаевич Гороховウクライナ語: Олексій Миколайович Горохов(オレクシー・ムィコライオヴィチ・ホロホウ)1927年2月11日 - 1999年2月3日[1])は、ソビエト連邦ヴァイオリニスト

略歴[編集]

モスクワの生まれ。モスクワ音楽院でヴァイオリンをレフ・ツェイトリンアブラム・ヤンポリスキーの下で学び、1949年に卒業した。彼はまた、音楽学も修了している。 音楽院終了後、国際音楽コンクールに参加し、1949年にプラハの音楽コンクールで第1位、第2回ブダペスト国際若手演奏家フェスティバルで第3位、1950年のヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールで第2位入賞。翌年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで5位入賞[2]。この時期に、彼はソ連やヨーロッパ各地で客演を重ねている。 1957年にキエフへ移り、キエフ音楽院で教鞭をとりはじめた。キエフで亡くなるまでキエフ音楽院のヴァイオリン科で後進の指導に当たった。

出典[編集]

  1. ^ Lillian Fuchs”. doremi. 2013年4月25日閲覧。
  2. ^ Alexei Gorokhov”. Queen Elisabeth Competition. 2013年4月25日閲覧。